1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

実写『ガンダム』監督は日本のアニメ&特撮好き?「赤い彗星」とともに気になる描写は…

マグミクス / 2021年4月17日 15時10分

写真

■『Gセイバー』の黒歴史を塗り替えられるか?

 放送開始から42年。今なお多くのファンから愛され続ける日本のSFアニメ『機動戦士ガンダム』が、米国のNetflixで実写化されることが決まりました。2021年4月12日にNetflixが発表した内容によると、ハリウッド大作『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)を撮ったジョーダン・ヴォート・ロバーツ監督が起用され、『ゴジラvsコング』(日本では5月14日公開)や『パシフィック・リム』(2013年)などを手掛けている「レジェンダリー・ピクチャーズ」と「サンライズ」との共同製作になるそうです。

 脚本は『LOST』などの人気TVシリーズで知られるブライアン・K・ヴォーン氏が担当。キャスト&ストーリーは現時点では明かされていませんが、ガンダムをはじめとするモビルスーツがどのように実写化されるのかも含めて、気になるところです。

 ガンダムファンの間では、2000年にテレビ朝日系で放映されたドラマ『G-SAVIOUR』が「黒歴史」として語られています。カナダと日本との合作で、すべて外国人キャストで撮られた『G-SAVIOUR』は、いかにもCGアニメっぽいモビルスーツの重量感のなさが残念な実写ドラマでした。しかし、コロナ禍において契約者数を大きく伸ばしているNetflixなので、今回は相当な制作費を投じた実写化になるのではないでしょうか。実写版『ガンダム』への期待と懸念点について考えてみたいと思います。

■日本のポップカルチャーを愛するジョーダン監督

 実写版『ガンダム』のプロデューサーも兼任するジョーダン監督は、家出した少年たちがひと夏を森で過ごす青春映画『キングス・オブ・サマー』(2013年)でデビューしています。1984年米国デトロイト生まれという若手監督ですが、日本のアニメや特撮映画が大好きなことでも知られています。

 監督2作目で大抜擢となった『髑髏島の巨神』では、コングと戦うモンスターの造形を『千と千尋の神隠し』(2001年)のカオナシ、『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒などをイメージしていたことを明かしています。日本兵(MIYAVI)の名前「イカリ・グンペイ」は、『エヴァ』の碇親子と「ゲームボーイ」の開発者・横井軍平氏が由来となっています。他にもコングが大ダコと戦うシーンは、東宝の怪獣映画『キングコング対ゴジラ』(1962年)へのオマージュとなっていました。

 ジョーダン監督は、人気ゲーム『メタルギアソリッド』の実写映画化も予定されています。『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督と同じくらい、日本のポップカルチャーをこよなく愛するオタク監督のようです。ジョーダン監督は、富野由悠季監督が生み出した『機動戦士ガンダム』へのリスペクトが感じられる実写版にしてくれるのではないでしょうか。

■かっこいいモビルスーツだけでは、『ガンダム』は成立しない

ジョーダン・ヴォート・ロバーツ氏が手掛けた2017年の映画『キングコング:髑髏島の巨神』DVD(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)

 ジョーダン監督の『髑髏島の巨神』では、コングがヘリコプター部隊と戦うシーンは大変な迫力がありました。今回の実写版『ガンダム』で描かれるであろうモビルスーツ同士の激突シーンは、『Gセイバー』のようにがっかりせずに済みそうです。しかし、ファンとしてはどんなストーリーになるのかも気になるところです。

 人類がスペースコロニーで暮らすようになった宇宙世紀に、シャア・アズナブルのような仮面を被った敵キャラが登場することになるのでしょうか? シャアのようなトリックスターの先輩としては、『スター・ウォーズ』(1977年)のダース・ベイダーが存在するわけですが……。シャアやランバ・ラル大尉のような魅力的な敵キャラなしでは、『機動戦士ガンダム』の面白さは半減してしまいます。

 もうひとつの懸念点は、「ニュータイプ」という概念が描かれるのかどうかです。『機動戦士ガンダム』の主人公である少年アムロ・レイは、戦いの日々のなかで「ニュータイプ」へと覚醒していきます。「ニュータイプ」という要素をうまく物語に取り入れることができるかどうかも、大きなポイントでしょう。

 富野監督が『機動戦士ガンダム』のなかで描いた「ニュータイプ」は、決して超能力者ではありません。地球の重力から離れた宇宙空間で育った新世代から、直感力や洞察力にすぐれた人間が現れ、さらには言葉を超えて理解し合うことができるようになる……というものでした。

 両親との間に溝があり、他者との交流も得意ではなかった内向的な少年アムロが、さまざまなライバルとの戦いを通して、人間的に成長していく姿を描いたのが『機動戦士ガンダム』です。かっこいいモビルスーツがたくさん出てきても、それだけでは『機動戦士ガンダム』にはならないのです。

■ビジュアル的には見事だった『ゴースト・イン・ザ・シェル』

 押井守監督の劇場アニメ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(1995年)は、スカーレット・ヨハンソン主演作『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017年)としてハリウッドで実写映画化されました。ビジュアル面はとても見事でしたが、オリジナル版にあった「ゴースト」という概念はハリウッド版では薄められ、「記憶」に置き換えられていました。製作者サイドは「攻殻機動隊」シリーズをよくリサーチし、物語は分かりやすくなっていました。でも、どこか物足りなさを感じたのも事実です。文化の異なるハリウッドでの実写化は、やはり容易ではありません。

 アムロとララァ・スンのように言語を超えて理解し合うことは難しいかもしれませんが、オタク心を持ったジョーダン監督が生粋のガンダムファンを唸らせるような実写版を生み出してくれることに期待したいと思います。

 ミライさんやセイラさんといった女性キャラクターたちの入浴シーンがあるかどうかも、ちょっと気になるところです。富野監督作品は、女性キャラがとても印象的です。入浴シーンは、戦う女性たちが軍服を脱ぐ、束の間の日常を描いた重要なひとコマです。実写版に入浴シーンがあると、富野監督も大いに喜ぶのではないでしょうか。

(長野辰次)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング