1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

記憶に残る、「プリキュア」シリーズのトラウマ回。心にグサッと刺さるセリフも…?

マグミクス / 2021年7月4日 15時10分

写真

■不気味な人形がプリキュアを襲う…

 大人気のアニメ「プリキュア」シリーズは“女児向け”のイメージが強いものの、実はたまに子供がドン引きするような“トラウマ回”も放送されています。過去に放送され、「怖い」と話題になり記憶されたシーンたちを振り返ります。

※この記事では、「プリキュア」シリーズの物語の核心に関わる記述があります。

 まずは『Yes! プリキュア5』の第23話「大ピンチ! 悪夢の招待状」を紹介します。ナイトメアの大幹部・カワリーノによってプリキュアたちが“悪夢の世界”へと落とされてしまいますが、なかでも注目が集まったのが、キュアミント/秋元こまちを絶望させるシーンでした。

“悪夢の世界”では、こまちの前に突然“多数の人形”が登場。「私みんなのところに戻らないと」と話すこまちでしたが、人形は「本当は戻りたくないんでしょ」「(仲間たちに)気を遣うのも、もうヤダなって思ってるでしょ」と不気味な笑顔で語りかけてきます。

 そして「ここならこまちちゃんの思い通りだよ」「イヤなことなんて忘れて私たちと遊ぼう」と言い、こまちは大量の人形たちに飲み込まれてしまいました。

 その後も「絶望の仮面」をつけたプリキュアたちが描かれたことで、視聴者からは「『プリキュア』とは思えないほど怖い映像だった」「仮面をつけたメンバーも、人形もビジュアルがホラーすぎる!」などの声が続出。“伝説のトラウマ回”として、世の大人たちも震撼させたようです。

 一方、『Yes! プリキュア5』では、映像的な怖さだけでなく、胸が痛くなるようなセリフも記憶されています。キュアルージュ/夏木りんとキュアレモネード/春日野うららが仲違いするシーンでは、キュアドリーム/夢原のぞみのことを気にかけるうららに対し「口を開けばのぞみ、のぞみって…… あんた他に友達いないの?」とりんが吐き捨てています。

 また、『ふたりはプリキュア』のキュアホワイト/雪城ほのかのおせっかいに反発したキュアブラック/美墨なぎさが「あなたなんてプリキュアってだけで、友達でも何でもないんだから!」とひどい言葉を浴びせたことも。キャラクターたちのシリアスなセリフに、視聴者からは「子供にはキツ過ぎるシーン」「リアリティな言葉だからこそ、トラウマになりそう」などの声があがっていました。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください