1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

ズルいイケメンキャラ3人 強くて顔もいいなんて!

マグミクス / 2021年7月13日 11時50分

写真

■惚れちゃう! 顔も中身も破壊力バツグンのイケメンたち

 人気アニメ『呪術廻戦』の五条悟が、高い女性人気を誇っています。その人気は「麗しすぎる」「顔が神回」と、『名探偵コナン』の安室透に続き「五条の女」が続出するほど。しかし、イケメンであることはもちろん、圧倒的な強さを誇るキャラクターは五条だけではありません。この記事では、五条に続く「ズルいイケメンキャラ」を3作品からご紹介します。SNSでも「2次元の素晴らしさを教えてくれた」「あれは惚れる」と評判です。

●『黒執事』セバスチャン・ミカエリス

セバスチャン・ミカエリスが表紙 著:枢やな『黒執事』第1巻(スクウェア・エニックス)

『黒執事』は、同名マンガ(作:枢やな/スクウェア・エニックス)を原作としたアニメです。第3期までのアニメ化に加え、劇場版も公開されており、原作の連載15周年にちなんだ記念展やキャンペーンが各地で行われています。セバスチャン・ミカエリス (CV:小野大輔)はファントムハイヴ家の執事で、主人であるシエル・ファントムハイヴ(CV:坂本真綾)のどんな命令も完ぺきにこなす、有能な執事です。

 作品の舞台は、19世紀後半のヴィクトリア朝時代の英国です。「悪の貴族」「女王の番犬」と呼ばれる名門貴族・ファントムハイヴ家の執事として、セバスチャンはシエルに仕えています。弱冠12歳のわがままな主人であるシエルに対し、日々華麗に執務をこなすセバスチャン。美形であることはもちろん、教養・品位・料理と全てにおいて完璧なセバスチャンは、シエルが呼べばどんなときでも必ず駆けつけて助けます。

 セバスチャンの魅力は、その恐ろしいまでの完璧さと優雅さ、妖艶さにあるといえるでしょう。その立ち居振る舞いは、他の執事にもうっとりされるほど。家庭教師としてシエルに社交ダンスを教える一方で、銃を持った敵にはフォークとナイフで華麗に応戦する一面も。シエルがさらわれたときも顔色ひとつ変えず、夕食の時間に間に合うように救出するほどです。その優雅さと低くセクシーな声がマッチし、「耳を持っていかれた」「何度目かの恋をした」とSNS上でも変わらぬ人気を誇っています。この作品は、「dアニメストア」「U-NEXT」「バンダイチャンネル」などで見ることができます。

●『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍

轟焦凍が表紙 著:堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』第5巻(集英社)

『僕のヒーローアカデミア』は、同名マンガ(作:堀越耕平/集英社)を原作としたアニメです。第5期まで製作され、原作は2021年4月時点で、全世界の累計発行部数は5000万部を突破しています。轟焦凍(とどろき・しょうと/CV: 梶裕貴、真堂圭〈幼少期〉)は、ヒーローを養成する雄英高校ヒーロー科の生徒で、No.2ヒーローであるエンデヴァー(CV:上田悠介)の息子でもあります。

 作品の舞台は、人類の8割が超常能力「個性」を持ち、その個性を活かした「ヒーロー」が職業として確立されている世界です。轟はその世界でNo.2ヒーローであるエンデヴァーを父に持ちますが、幼少期からつらい特訓を課せられており、父には恨みともいえる感情を抱いています。個性は「半冷半燃」で炎と氷を操り、炎を父から、氷を母から受け継いだ唯一無二の個性です。その強さは同学年でもトップクラスを誇り、特徴的かつ美しい容姿とあわせて、作中の女性からの人気も高くなっています。

 轟の魅力は、強い個性と内に秘めた情熱、少し天然の入った性格といえそうです。轟の個性「半冷半燃」の強さは、一瞬でビルを丸ごと凍らせるほど。氷と炎という相反する能力をあわせ持ち、高校生でありながらすでに「そこらのプロ以上」という評価を受けています。しかし、父・エンデヴァーとの確執から、序盤は炎の個性をみずから封印。母が心を病む原因ともなった炎の個性について激しく葛藤しますが、雄英高校での経験を経て少しずつ父とも心の距離を縮めていきます。普段はクールな性格であるものの、同級生の緑谷出久(みどりや・いずく/CV:山下大輝、渡辺明乃〈幼少期〉)をNo.1ヒーロー・オールマイト(CV:三宅健太)の隠し子と勘違いするなど、少々天然なところも。美形の容姿に低く響く声が似合っており「もはやガチ恋」「この胸の高まりは恋だろうか」と評判です。この作品は、「dアニメストア」「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」などで見ることができます。

●『NARUTO-ナルト-』はたけカカシ

うずまきナルトとはたけカカシが表紙 著:岸本斉史『NARUTO-ナルト-』電子版第4巻(集英社)

『NARUTO-ナルト-』は、同名マンガ(作:岸本斉史/集英社)を原作としたアニメです。忍者という日本ならではの題材が海国からも人気となり、アメリカや台湾、韓国など、世界中で放映されています。はたけカカシ(CV:井上和彦)は主人公・うずまきナルト(CV:竹内順子、小暮英麻〈ナルコ変身時〉)の教官であり、幼い頃から実力を発揮してきた、天才忍者です。

 作品の舞台は、5大国のうちのひとつ・火の国の忍(しのび)の里である「木ノ葉隠れの里」です。カカシは「エリート忍者」と呼ばれる上忍で、相手の術をコピーする「写輪眼のカカシ」として、他国にもその名が知られています。忍術・体術・幻術などさまざまな能力が高く、あらゆる属性の忍術を使えるオールラウンダーです。いつもひょうひょうとしてつかみどころのない性格ですが、冷静な一面もあり、受け持ったナルトたち第七班をしっかりと見守っています。

 カカシの魅力は、その圧倒的な能力の高さと性格のギャップ、つらい過去に屈しない精神的強さではないでしょうか。「次期火影の器だ」とささやかれるほど強いカカシですが、その強さにおごることはありません。その一方で、「黒猫に気を取られた」「人生という名の道に迷った」など、やる気のない言い訳で遅刻するおちゃめな一面も。また、仲間思いで自己犠牲をいとわない性格には、過去に大事な人を何人も失っている、壮絶な過去が関係しています。しかし、その過去に屈することなく、時に優しく時に厳しくナルトたちを導きました。ふいに見せる笑顔や低音ボイスも、「魅力ありすぎて本当に困る」「予想以上にイケメンすぎた!!」と評判です。この作品は、「dアニメストア」「U-NEXT」「バンダイチャンネル」などで見ることができます。

* * *

 顔も力も色気もある「ズルいイケメンキャラ」たち。初恋は現実の男性ではなく、彼らだった女性もいるのではないでしょうか。現実に戻れなくなりそうな「ズルいイケメン沼」に、一度はまってみませんか?

※配信状況は記事掲載時点のものです。

(新美友那)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング