1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』は脇役の声優も超豪華! 必聴のキャラ6選

マグミクス / 2021年9月17日 18時10分

写真

■ベテラン声優、躍進中の若手声優がそろいぶみ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、2021年9月25日(土)にTVで初放送されます。劇場版の放送に先立って、「竈門炭治郎 立志編 特別編集版」が5夜にわたって放送されています。第3夜となる「鼓屋敷編」の放送は、9月18日(土)。「鼓屋敷編」における“ボス”である鼓の鬼・響凱(きょうがい)役・諏訪部順一さんをはじめとした、声優陣の演技も見どころのひとつ。「このキャラの声優だったんだ!」と新たな発見がある、脇を固めるサブキャラたちの声優をご紹介します。

●響凱役:諏訪部順一

 鼓屋敷の主である響凱はもともと、売れない小説家です。自分の書いた原稿を他人からバカにされ、踏みつけられました。趣味の鼓も、たいしたものではないと評価されます。

 響凱は鬼になってもずっと、その時のコンプレックスを忘れませんでした。しかし、立ち向かってきた炭治郎は響凱が書いた原稿を踏みません。さらに炭治郎は、頸を斬りながら「君の血鬼術は凄かった!!」と叫ぶのです。それに気が付いた響凱は、炭治郎に頸を落とされても、自分を認められたと泣きながら消えていきます。

「小生の血鬼術も…… 鼓も…… 認められた……」

 諏訪部順一さんによる響凱の最後のつぶやきは、心に迫る演技です。

 諏訪部さんは、多数の作品でメインキャラを演じています。近年の人気作としては、『鬼滅の刃』と同じく「ジャンプ」作品のアニメ『呪術廻戦』では、重要キャラである両面宿儺を演じています。ほかに、「Fate」シリーズのアーチャー役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』ではレオーネ・アバッキオ役、『僕のヒーローアカデミア』相澤消太役など、数えあげればきりがありません。

 また、諏訪部さんといえば『テニスの王子様』の跡部景吾役で有名です。作品に詳しくなくとも「俺様の美技に酔いな」「跡部王国(アトべキングダム)」といった“跡部様の名言”は聞いたことがあるかもしれません。 

 さらに、響凱は売れない作家でしたが、諏訪部順一さんが演じたキャラには『文豪とアルケミスト』の芥川龍之介がいます。

●鼓屋敷の鬼役:新垣樽助

 鼓屋敷に現れる、名前もない鬼の声優のひとりが新垣樽助さんです。代表作としてはメディアミックス作品「刀剣乱舞」シリーズのへし切長谷部役、アニメ『Fate/Zero』の間桐雁夜役、「ジャンプ」アニメでは『僕のヒーローアカデミア』の通形ミリオ役などが挙げられます。

「刀剣乱舞」のへし切長谷部は、非常に忠誠心が高く真面目なキャラクター。しかし戦いとなると「死ななきゃ安い!」と言い放つ戦闘狂な面もあります。新垣樽助さんはへし切長谷部の二面性を見事に表現し、ファンから高い評価を得ています。

●鼓屋敷の鬼役:川原慶久

 鼓屋敷に現れる、もう一体の鬼の声優は川原慶久さん。アニメ『とある魔術の禁書目録』では青髪ピアス役を演じています。青髪ピアスは主人公・上条当麻の友人で、間違った関西弁を話すキャラ。川原さんの低く安定感のある声で間違った関西弁を話されると、ギャップで笑えてきます。

 また、『テニスの王子様』では、不動峰中学校のテニス部部長・橘桔平役で、攻撃的な試合を行う姿が川原さんにぴったりと評判です。また、ゲーム「刀剣乱舞」シリーズの小豆長光はセリフがひらがなで表示されるのですが、声は渋くてかっこいいというキャラ。川原さんはギャップのある演技に定評があります。

●稀血を持つ少年・清役:土岐隼一

 稀血を持つために鼓屋敷にさらわれた少年、清を演じるのは土岐隼一さんです。メディアミックス作品『A3!』の瑠璃川幸役や、アニメ『ユーリ!!! on ICE』のレオ・デ・ラ・イグレシアで知られるようになりました。

 最近ではヒット作となったアニメ『東京リベンジャーズ』で羽宮一虎役を務めています。複雑な内面を持ち、友人と対立することになった羽宮一虎を見事に演じ、キャラの人気を押し上げています。

 また、2021年10月放送開始予定のアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』では、敏腕編集者のフクマ役に選ばれました。同作は「週刊少年チャンピオン」で連載されている同名マンガのアニメ化作品です。土岐さんはこれからの活躍が期待される声優のひとりです。

●善逸と行動する少年・正一役:市来光弘

 善逸に振り回された正一を演じる声優は市来光弘さんです。代表作として、「刀剣乱舞」シリーズの大和守安定役が挙げられます。市来さんは大和守安定について「普段は穏やかで優しい雰囲気なのですが、戦闘モードになるとまるで別人」とコメントしています。作中でもほんわかした優しい雰囲気と、戦闘での激しい一面が人気のキャラです。

 また、『天体戦士サンレッド』では、家族との違いに悩むヒーロー・ナイトール役を演じています。2022年開始のアニメ『佐々木と宮野』では、田代権三郎役に選ばれました。

●正一の妹・てる子役:岡咲美保

 清と正一の妹で、鼓屋敷のなかを炭治郎と行動する女の子、てる子を演じるのは岡咲美保さん。岡咲さんは、2021年7月から2期が放送中のアニメ『はめふら』こと『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』ではメアリ・ハント役を務めています。同作ではもともと弱気だったメアリが主人公・カタリナとの出会いで成長していく姿を演じました。怯えながらも、兄のために頑張ろうとしたてる子と重なる部分があります。

 また、『転スラ』こと『転生したらスライムだった件』の主人公・リムル=テンペスト役が岡咲さんのハマり役です。同作では中性的ながら迫力のある声で、主人公のリムルのかっこよさが人気を博しています。

 岡咲さんは、2021年9月15日にアーティストデビューしたばかり。これからますます注目されていくであろう声優のひとりです。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング