1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. ゲーム

15周年『ダイヤモンド・パール』 バグ技に絶望した小学生を救った、任天堂の真心に感動

マグミクス / 2021年9月28日 6時10分

写真

■魅惑的なバグ技に興味を惹かれた『ダイヤモンド・パール』

 9月28日はニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(以下、ダイヤモンド・パール)の発売日。早いものでリリースから15周年を迎えると聞き、小学校高学年の頃に本作をかじりつくように遊んでいた筆者も驚きを隠せません。

 特に同年代(20代前半~後半)のリアルタイム世代にとっては、最もなじみ深い「ポケットモンスター」(以下、ポケモン)シリーズタイトルとして『ダイヤモンド・パール』を挙げる方々も大勢いるはず。11月19日(金)に待望のリメイク版『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』が発売されることもあり、現在進行系で話題を集め続けています。

 例にもれず、筆者も『ダイヤモンド・パール』にのめり込み、今なお思いを馳せているシリーズファンのひとり。今回は発売当時に体験したバグ技に関する苦いエピソード。そして、任天堂の誠意あふれるサポート対応についてお話させていただきます。

「ポケモン」シリーズ4作目の『ダイヤモンド・パール』には、2021年の今もファンの間で語り継がれている怪しげな空間が存在します。その名も「なぞのばしょ」。ポケモンリーグの最初の部屋(リョウ)でなみのりをする・コトブキシティで自転車に乗ったまた特定ルートを行き来する……などなど、ある方法でしか侵入することができず、普通にプレイしているだけでは気付きにくいのが特徴です。なぞのばしょを利用するとチャンピオンと戦わずに殿堂入りを達成できるほか、「ダークライ」や「クレセリア」といった伝説級ポケモンを、正規のルートを通らずにゲットすることができたのです。

 とは言え、なぞのばしょはバグ技の一種に過ぎず、当たり前ですがむやみに近づくことは推奨されていません。事実、なぞのばしょは単に突入しただけではほとんど効果を期待できず、「右に○歩、下に□歩、続けて左に△歩」という風に、正確に歩数を数えてキャラクターを動かす必要がありました。バグ技や裏技の宿命と言うべきか、口頭やネットの掲示板で伝播した情報はガセネタも多く、歩数を間違えた状態で「たんけんセット」(必須アイテム)を使い、誤った場所に出てしまう……なんて失敗に悩まされたユーザーも少なくなかったと思われます。

 そうした”健全と言えない状況”を察知した任天堂は、2006年10月頃、「かべの中から戻れなくなる件に関するお知らせ」と題した公式ページを開設。「誤作動を起こしかねないバグ技の使用を控えて欲しい」、「バグ技が原因で不具合が生じた場合の対応」など、早い段階でユーザーに注意喚起を促していました。

 しかし危険性が発覚したからと言って、全てのユーザーが一斉にバグ技から手を引くとは必ずしも言えないのが現実。筆者の周りでも「一面真っ黒の空間を通ればダークライが手に入る」、「真っ白い島のど真ん中でシェイミを見つけた」といった魅惑的なウワサが流行し、実際にバグ技を試みた友人の一人が「しんげつじま」(ダークライの生息地)へたどり着いたのを見て、止めておけば良いのに気付いたらポケモンリーグでなみのりを試している自分がいました。

■小学生の頭の中は最悪の未来で埋め尽くされる…任天堂の誠意あふれる対応

Nintendo DS用ソフト『ポケットモンスター パール』(任天堂)

 歩数はしっかりメモを取った。道具の使用タイミングもばっちり頭に入っている。これで自分もダークライをゲットできる! そう意気込んでいた数分後、たんけんセットを使って地上に飛び出たキャラクターの姿を見て、何が起こったのか頭で理解できませんでした。

 無事に地表へたどり着いたかと思いきや、身体が木々に埋もれてしまい、四方八方を塞がれていたのです。十字キーを押し込んでも歩くことがままならず、その場を離れることもできない。しかもたんけんセットを使った際にレポートを取っているため、電源を切っても状態は改善されないのです。

 この瞬間、「しまった!」と自責の念に駆られるも時すでに遅し。自分ではどうすることもできず、生まれて初めてバグ技の真の恐怖を体感しました。

 年数を経た今でこそ、対処法なり何なりをネット等で調べることは簡単ですが、当時はまだまだ知識や経験も足りていない小学生。突然の修羅場に頭が追いついておらず、脳内は「頑張って育てたポケモンが全部消えてしまうかもしれない!」という最悪の未来で埋め尽くされていました。

 そこで頼ったのは上述の公式ページ。自宅にWi-Fi機器がなく、また修理プログラムを配信していたWi-Fiステーションが近場に置かれていなかったこともあり、「任天堂へ直接送って直してもらうしかない」と不安ながらに郵送を決意。ソフト(パール)を小さい箱に詰め、「どうかデータを消さずに直してほしい」と半分泣きながら書いたメモを同封し、京都の任天堂本社へ発送しました。

 頼みの綱を頼ってソフトを送り出したものの、友人たちに「バグ技で失敗した」と言い出せず、しばらくは不安な日々を過ごしていたことを覚えています。

 ところが予想を遥かに上回り、発送からわずか3~4日ほどで『パール』は筆者の元へ返ってきたのです。ソフトを起動してキャラクターとポケモンの安否を確認。そこには木々の間を無事に抜け出し、何事もなかったように通常フィールドで待機しているキャラクターの姿が映し出されていました。

 発送から短期間で迅速に対応してくれただけでなく、修理に伴う料金等も発生しない。本来であれば、大人を頼って正しい手段で手続きすべきところでした。つたない文章のメモを見て子供がやったことと察してくれたのか、優しい口調で注意を促す手紙も入っていました。任天堂へゲーム機器の修理をお願いしたのはこの一回限りでしたが、それゆえに誠意あふれる対応が、15年経った今もなお、『ダイヤモンド・パール』と過ごした思い出と共に強く心に留まり続けています。

(龍田優貴)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング