根室沖衝突:タコかご漁船の1人不明、1人救助

毎日新聞 / 2017年9月14日 18時59分

転覆したタコかご漁船「第68ちはる丸」(手前)と、サンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」=釧路海上保安部提供

 14日午前5時10分ごろ、北海道根室市の落石岬の沖約25キロで、落石漁協所属のタコかご漁船「第68ちはる丸」(4.9トン、2人乗り)と宮城県漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」(19トン、7人乗り)が衝突したと釧路市漁協から118番があった。ちはる丸が転覆し、甲板員の神奈川県南足柄市、鍵和田基龍(かぎわだ・きりゅう)さん(45)が行方不明になり、釧路海上保安部の巡視船などが捜索している。

 ちはる丸の船長で根室市の松宮亮殻(りょうたけ)さん(47)は救助され、病院に搬送された。稲荷丸の乗員にけがはなかった。

 釧路海保によると、現場付近の午前7時ごろの天候は雨で、波の高さは約1.5メートル、視界は約5キロだった。稲荷丸は13日夕に釧路港を出港してロシア海域に向け航行中で、ちはる丸は操業を終えた直後だった。【澤俊太郎】

毎日新聞

トピックスRSS

ランキング