石岡市八郷柿振興協議会:皇室献上の富有柿選別

毎日新聞 / 2017年11月15日 10時30分

一つ一つ手に取って富有柿を見る審査員たち=茨城県石岡市柿岡の市八郷総合支所で

 「石岡市八郷柿振興協議会」(上田佳幸会長)は13日、皇室に献上する富有柿の最終審査会を茨城県石岡市柿岡の市八郷総合支所で開いた。

 協議会を構成する3団体の持ち回りで柿を出品しており、今年は「マル園柿出荷組合」が担当。生産者3人が2回にわたる審査を通過した計180個の富有柿を持ち寄った。今泉文彦市長や上田会長ら審査員7人が、形や色などを一つ一つ慎重に審査し、献上する72個を選んだ。

 上田会長は「長雨や台風などに耐え抜いた逸品で、最高品質のものを献上できる」と話した。【庭木茂視】

毎日新聞

トピックスRSS

ランキング