NHK会長:「公共放送の意義認められた」受信料合憲判決

毎日新聞 / 2017年12月7日 19時22分

NHK受信料訴訟の判決に臨む最高裁大法廷=東京都千代田区で2017年12月6日午後2時58分、竹内紀臣撮影

 NHKの上田良一会長は7日の定例記者会見で、最高裁判決で受信料制度を合憲とする初判断が示されたことについて「最高裁が公共放送の意義を認めたもので、引き続き公平負担の徹底に努め、放送法を順守しながら自主自律を貫いていく」と述べた。

 今後の受信料徴収については「訴訟だけで(不払い世帯から)受信料をもらうことは考えていない。これまで通り、受信料制度の意義を視聴者に丁寧に説明する姿勢に変わりはない」と語った。判決当日の6日に、こうした方針を受信料徴収に当たる全訪問員に文書を出して徹底を図ったことも明らかにされた。【犬飼直幸】

毎日新聞

トピックスRSS

ランキング