武市半平太:道場運営資金に? 田畑売った直筆の証文発見

毎日新聞 / 2017年12月7日 19時39分

新たに見つかった武市半平太直筆の証文=2017年12月7日、岩間理紀撮影

 坂本龍馬の盟友として知られ、土佐勤王党を率いた幕末の志士、武市(たけち)半平太(瑞山、1829~65)が、田畑などを売った際の直筆の証文などが高知市で見つかった。武市を顕彰する「瑞山記念館」(高知市仁井田)が7日、発表した。武市は当時、高知城下で剣術道場を運営しており、歴史研究家の松岡司(まもる)・高知県佐川町立青山文庫名誉館長は「資金は道場の運営などに充てられた可能性がある」と話している。 

 証文は縦約30センチ、横約40センチ。1852(嘉永5)年、幼なじみの地元豪農に宛てて「此度考之筋ヲ以(このたび、考えることがあって)」所有する田畑や山林を「八拾文銭三貫八百目(現在の500~600万円)」で譲る旨が書かれ、武市の署名と黒い印章が確認できる。豪農の子孫、坂本憲昭さん(44)=同市=が市内にある蔵を整理した際に見つかり、松岡名誉館長が直筆と鑑定した。

 剣術家でもある武市が運営する剣術道場には、後に「人斬り以蔵」の名で呼ばれる岡田以蔵も通ったという。松岡名誉館長は「当時の地元とのつながりなどがうかがい知れる。地味だが想像が膨らむ資料」と話す。他に、明治期以降に描かれた立ち姿の肖像画も見つかった。14、15両日、同館で展示される。【岩間理紀】

毎日新聞

トピックスRSS

ランキング