舞鶴市:大相撲春巡業の土俵上で倒れた市長が退院

毎日新聞 / 2018年6月14日 19時31分

多々見良三・舞鶴市長

 今年4月、京都府舞鶴市であった大相撲春巡業の土俵上で倒れ、くも膜下出血で入院していた多々見良三・舞鶴市長が14日、退院した。多々見市長は自宅で療養後、今月末には公務に復帰するという。

 多々見市長は土俵上でのあいさつの途中で倒れ、会場にいた女性たちが心臓マッサージなどの救命措置を施した。その際、日本相撲協会関係者が、女性に土俵から下りるよう場内放送で促したとして、波紋を呼んだ。こうした協会の対応について多々見市長は「一般の感覚からずれていることがあった。公務復帰後にお話ししたい」と話した。【鈴木健太郎】

毎日新聞

トピックスRSS

ランキング