節目の100回目「弘前さくらまつり」中止 園内での宴会も禁止 青森

毎日新聞 / 2020年3月27日 8時3分

弘前さくらまつりの中止を発表する桜田宏市長(左から2人目)ら主催4団体の代表=弘前市役所で2020年3月26日、藤田晴雄撮影

 青森県弘前市の桜田宏市長は26日、弘前公園で4月23日~5月6日に開催を予定していた100回目の節目となる「弘前さくらまつり」について、新型コロナウイルスの国内外の感染状況を踏まえ、中止すると発表した。同日、市や弘前商工会議所など主催4団体が市役所で代表者会議を開き、決定した。中止は戦時中から終戦直後にかけての1944~46年の3年間以来、4回目。【藤田晴雄】

 主催4団体によると中止に伴い、出店や園内で予定していたイベントは全て取りやめるほか、園内での宴会は原則禁止にする。一方、ぼんぼりの設置や夜間照明は夜の安全対策として通常通り行うとしている。

 会議後の記者会見で、弘前商工会議所の清藤哲夫会頭は「中止による経済的なマイナスは非常に大きい。金融機関とともに経営に影響が出る関係業者の支援などに対応したい」と話した。

 桜田市長は「弘前市最大のまつり。地域経済にとって大きな打撃になるが、地域住民の命を守ることが一番大切と判断した。来場者の感染防止対策にしっかりと取り組みたい」と語った。

 弘前さくらまつりは、1918年に「弘前観桜会」として始まり、61年に現在の名称に変更。毎年、国内外から200万人以上の花見客が訪れている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング