1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

おすすめ、人気の扇風機は?選び方や種類、特徴を紹介!

楽天お金の総合案内 美人のマネ活 / 2021年7月20日 10時0分

写真

おすすめ、人気の扇風機は?選び方や種類、特徴を紹介!

これからの暑い季節、快適に過ごすにはエアコンや扇風機、サーキュレーターなどの家電を準備しておくと良いかもしれません。家電の購入は大きな支出になることもあるので、より良い買い物ができるよう、選び方を知っておく必要があるでしょう。ネットショップや家電量販店では、様々なタイプの扇風機が販売されていますが、種類が多く選ぶのは大変そうです。ここでは扇風機の種類や選び方について解説し、おすすめの扇風機を紹介していきます。

時短勤務とは。対象者・期間・給料など気になるポイントと周りの配慮

扇風機の選び方は

扇風機の選び方は

お店に数多く並んでいる扇風機。自分に合った扇風機を選ぶためのチェックポイントをいくつか挙げていきましょう。まずは使用時の音の大きさ。扇風機は普段から身の回りに置いて使い、ときには寝ている間にも作動させておくものです。あまりうるさいものは使いにくいでしょう。ひとつのポイントは羽の枚数。枚数の少ない方が、音が静かになるそうです。また「DCモーター」を使ったタイプは、モーターの駆動音が低く抑えられています。

 

風の強さも選ぶポイント。心地よい風か、十分な風量があるかなどチェックします。羽の枚数との関係では、羽が少ないと風が強く、多めだとやわらかい風になるようです。また長時間使用する扇風機では、消費電力も気になるところ。扇風機には「ACモーター」と「DCモーター」のタイプがあるのですが、DCモーターの方が消費電力を低く抑えられます。他にもデザインを部屋の雰囲気に合わせたり、便利な機能があるものを選んだりするのも良いでしょう。

扇風機とサーキュレーターの違いは?

扇風機とサーキュレーターの違いは?

扇風機もサーキュレーターも、羽を回転させて風を送るものです。基本的なつくりは似ているのですが、目的や機能に違いがあります。扇風機は広い範囲に風を送り、人がその風にあたって涼むのが目的となっています。一方、サーキュレーターの目的は空気の循環。直線的に遠くまで風を送れるようになっているのです。形をみても、扇風機では羽が大きく風の出る面積が広くなっていて、サーキュレーターではその面積が小さくなっているのが分かります。

 

ただ扇風機とサーキュレーター、どちらもエアコンと組み合わせて使うのが良いとされています。扇風機はエアコンでは涼しすぎるという場合、たとえば就寝時など、エアコンの代わりに使うことができるでしょう。ちょうど良い方を選んで使います。サーキュレーターが得意なのは、空気の循環。エアコンと同時に使うことで、冷えた空気を部屋全体に行き渡らせることができるのです。このように目的によって使い分ける必要があります。

種類別で紹介

ひと口に扇風機といっても、最近では様々なタイプが登場しています。大きさやデザインなど用途に応じたものがあるので、整理しておきましょう。一般的に扇風機としてイメージされるのがリビング扇。上の方に羽があり、円形のカバーが付いています。リビング扇とは違って、スリムな細長い形になっているのがタワー扇。タワー型とも呼ばれます。扇風機としては設置スペースをあまりとらず、デザイン性も高いのが特徴です。

 

羽なし扇風機は、文字通り羽がありません。エアマルチプライアーとも呼ばれています。デザイン的におしゃれで、掃除がしやすいのが特徴です。暖房や空気清浄機としての機能が付いたものもあります。

 

デスクの上に置ける小さいタイプは卓上扇。クリップで固定するクリップ式扇風機というタイプもあります。USB式や電池で動くものが多く、手軽に使えるのが特徴。夏場のテレワークなど、ひとつあると仕事が快適になるかもしれません。さらに小さなものでは、携帯扇風機(ハンディ扇風機)があります。持って歩けるタイプで、通勤・通学、野外イベントなどで役に立ちます。

おすすめ、人気の扇風機は?

おすすめ、人気の扇風機は?

それでは具体的な扇風機の機種を、いくつか挙げてみましょう。
DCモーターを搭載したリビング扇となるのが、日立の「うちわ風 HEF-DL300C」です。家電量販店などでは1万6,000円ほどで販売されています。リモコンも付いています。
ACモーターのリビング扇となるのが、東芝の「リビング扇風機 TF-30AL24-W」です。こちらの価格は6,000円程度。DCモーターとACモーターのタイプでは、価格の差が大きいということが分かります。静かさや省電力といった性能を考えて選ぶことになるでしょう。

 

エスケイジャパンの「SKJ-KT33TF タワーファン(扇風機)」はスリムなデザインのタワー扇。価格は5,000円前後となっています。空気をきれいにするフィルターを使えるのが特徴。約50度の首振り機能も付いています。
ダイソンの羽なし扇風機となるのが「Dyson Purifier Cool TP07WS」。こちらはDCモーター搭載で空気清浄機にもなるタイプです。価格は7万円程度。一般的な扇風機よりも高めの値段となっています。

 

富士商の「USB扇風機 グリーン F0596」はUSB式の卓上扇風機。電池でも作動し、1,500円前後で購入できます。小さいながら、風量調節や首振り機能も付いています。
コイズミの「携帯扇風機 ハンディファン ピンク KPF-0993/P」は、USBから充電して使う、携帯型の扇風機。充電してコードレスで使えます。800円ほどで販売されています。

 

扇風機の種類や選び方について理解を深めたら、さっそく楽天市場で、自分に合った扇風機を探してみるのが良いでしょう。たくさんのお店や機種をチェックすることができ、欲しい扇風機を安く買うことができる可能性も高くなります。楽天ポイントが多く貯まるキャンペーンが開催されていることもあります。購入の際には、楽天カードを利用するとさらにお得。楽天ポイントを貯めながら、涼しく過ごせるお気に入りの扇風機を手に入れましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング