NTTドコモ、AIエージェントサービス「my daiz」の提供へ 33の企業・自治体がパートナーに

MarkeZine / 2018年5月17日 14時0分

写真

サービスイメージ

 NTTドコモは、日常生活においてユーザーが必要とする情報やサービスを、適切なタイミングで同社やパートナー企業から提案するAIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」を2018年5月30日より、提供開始する。

 同サービスは、ユーザーの行動や状況を学習し、同社およびパートナー企業が、それぞれのユーザーに合った情報やサービスを適切なタイミングでスマートフォンやタブレットに届けるというものだ。
サービスイメージ

 具体的には、ユーザーの状況を先読みして、対話やアプリ内での情報表示や、待ち受け画面へのインフォメーション通知による情報提供、音声操作やタッチ操作でリクエストした内容への対話での応対などが可能。たとえば、同社が提供する各種サービスと連携して、コンテンツや商品の検索をしたり、パートナーとの間で飲食店やタクシーの予約、買い物の相談などを行うことができる。

 また、同サービスのアプリのトップ画面には、それぞれのユーザーの行動や嗜好を把握・学習し、その時々で必要な情報がカスタマイズして表示される。

 さらに、天気・交通・アラーム・グルメ・おでかけ情報などの日常生活に関する基本コンテンツに加え、各パートナーからのおすすめ情報を無料で提供。加えて、基本コンテンツをより便利に利用できる機能として、天候や交通情報に合わせてアラーム時刻を調整したり、帰宅時間に合わせた傘のリマインドなど、ユーザーの生活エリアや趣味嗜好に合わせた情報を先読みしてインフォメーション通知でお知らせする機能も、月額料金100円(税抜)で提供する。

 提供開始時は、同社に加え、33の企業や自治体のパートナーと連携。今後は、パートナー企業を拡大するとともに、サービスの内容も拡充し、より便利なサービスの提供を推進していく。

MarkeZine編集部[著]

markezine

トピックスRSS

ランキング