「DialogOne」、LINEの新API「Flex Message」に対応 自由なレイアウトを実現

MarkeZine / 2018年6月14日 8時0分

写真

レイアウトイメージ

 DACは、LINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」において、LINEで新たにリリースされた、画像やボタンなどを自由にレイアウト可能な「Messaging API」の新たなメッセージタイプ「Flex Message」に対応した。
レイアウトイメージ

 「Flex Message」は、LINEのアカウントを通じてユーザーとの双方向コミュニケーションを実現するAPI「Messaging API」の新たなメッセージタイプ。一定の表示フレームをベースに、柔軟に文字のサイズや色を変更し、メッセージの途中やヘッダー部分に任意の画像を組み込むなど、HTMLに近い感覚でレイアウトをカスタマイズできる。これにより、UIやUXを大幅に改善し、より操作性・デザイン性に優れたメッセージ配信を通じてユーザーコミュニケーションの幅を広げることが可能になる。

 今回DACは、「LINE Biz-Solutions Partner Program」の「LINE Biz Account」部門における最上位の「Diamond」パートナー認定特典として、同ツールを先行的に提供されており、「DialogOne」導入企業は先行して利用が可能だ。

 これまで定型的なフォーマットで行われていたニュース記事配信やEC企業の商品レコメンド、店舗案内などが、企業の提供サービスに応じた最適なメッセージフォーマットで配信できるようになった。また、リッチメニューのカスタマイズと合わせることで、ブランドの世界観を再現したメッセージコンテンツを作成し、LINEアカウントをよりオウンドメディアに近いイメージで構成できる。

MarkeZine編集部[著]

markezine

トピックスRSS

ランキング