オイシックス・ラ・大地、「Oisix」に会話型広告「fanp」を試験導入 ナーチャリングの効果検証へ

MarkeZine / 2019年1月28日 7時15分

写真

 ミールキットなどの食品宅配サービスを提供するオイシックス・ラ・大地は、2019年1月、定期宅配サービス「Oisix」において、ZEALS(以下、ジールス)の会話広告パッケージ「fanp(ファンプ)」を導入し、LINEアカウント「はじめてのOisix」としてサービス運用を行う。

 「fanp」は、LINEおよびFacebookのMessengerを活用した会話型の広告サービス。チャットボットの強みを活かした、ユーザーとの自然な会話の中でサービス訴求ができるという特徴を持つ。

 オイシックス・ラ・大地は同サービス導入にあたり、チャットボットの対話型UIが持つ「ユーザーとのエンゲージメント醸成力の高さ」「ナーチャリングの効率性の高さ」、そしてジールスが培ってきたチャットボット運用ノウハウに着目。

 今後は、「Oisix」において、おためしセット購入から会員(「おいしっくすくらぶ」)登録までのナーチャリングの検証に取り組む。同検証においてユーザーは、おためしセット購入後に「はじめてのOisix」に友だち登録ができ、登録以降のコミュニケーションを従来のメールに加え、LINEでも行えるようになる。

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング