キャンペーン応募でも進むスマホシフト 10~30代では最多の手段に【マイボイスコム調査】

MarkeZine / 2019年5月22日 11時30分

写真

 マイボイスコムは、プレゼント・キャンペーンに関する調査を実施し、結果を発表した。

●1年間で応募した人は6割弱 10~40代の男性は半数以上が応募せず

 直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人は全体の6割弱と、2014年以降ほぼ同率。応募者の比率を見ると、女性や高年代層で高かった一方、10~40代の男性は「応募していない」が50%台以上を占めた。

●応募したキャンペーンにはどんな条件が?

 直近1年間に応募したプレゼント・キャンペーンの応募条件を複数回答で聞いたところ、「条件なし(名前・住所などを記載し応募するだけ)」が5割弱、「対象商品に付いているシールやバーコードなどを集めて応募」が5割強だった。

 また、「クイズやアンケート、キーワードなどに答える」が4割弱、「対象商品を買う(景品やくじが付いてくる・もらえる)」「応募用紙やID、QRコードなどが付いている商品を買う」「応募条件(対象商品購入、一定額以上の購入など)を満たすレシートで応募」「メルマガ登録や会員登録をする」がそれぞれ2割という結果だった。

●対象商品で多いのは「食料品・飲料・お酒」

 直近1年間に応募したプレゼント・キャンペーンの対象商品・サービスを複数回答で尋ねると、「食料品」が51.8%と最も多く、次いで「飲料(お酒以外)」「お酒」がそれぞれ3~4割だった。

 属性別に見ると、女性は「食料品」が6割強と男性を上回っていたほか、40~70代の男性は「お酒」がやや高い結果に。10回以上の応募者は、「食料品」「飲料(お酒以外)」の回答が各6割と高くなっていた。

●応募者はどんな景品を受け取っている?

 応募したプレゼント・キャンペーンの景品を複数回答で調査したところ、「食料品」「現金・金券、キャッシュバック、ギフト券、図書カード、QUOカードなど」「飲料(お酒以外)」「お酒」が、それぞれ30%台だった。

●キャンペーンへの応募も「スマホシフト」 10~30代では最多

 直近1年間に応募したプレゼント・キャンペーンの応募経路を複数回答で調査すると、「パソコンから」は61.6%と、過去の調査と比べ減少傾向に。男性や高年層では高かった。

 一方、「スマートフォンから」という回答は38.9%と、2017年の調査から大きく増加した。特に女性や若年層の比率が高く、女性10~20代で8割、男性10~20代や女性30代で6~7割強と、10~30代では最も多い応募経路であることがわかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング