セグメントごとに最適なコンテンツを自動で出し分け アクティブコア、「MAセグメント配信」機能を提供へ

MarkeZine / 2019年8月28日 17時30分

写真

セグメントごとに最適なコンテンツの自動出し分けイメージ

 アクティブコアは、「activecore marketing cloud」内に蓄積している顧客属性・行動データに基づいてセグメントを判別し、メール・LINE・アプリでの一括配信時に個人にあわせてコンテンツを出し分けられる新機能「MAセグメント配信」を、2019年9月末より提供開始すると発表した。

セグメントごとに最適なコンテンツの自動出し分けイメージ

 「MAセグメント配信」機能は、出し分けたいメッセージのコンテンツを準備しておくことで、「activecore marketing cloud」内のDMPに蓄積された顧客属性、購入履歴、店舗データやアプリ・Webの行動履歴などから分析・抽出された複雑なターゲットリストに対し、一回の配信で最適なコンテンツの自動出し分けが可能となる。

 具体的には、メッセージ内の指定された枠に出し分けたいコンテンツ内容を、イメージ画像、バナーあるいはテキスト文などの形式で指定することで、一人ひとりに関連性の高いコンテンツを差し込んで表示することができる。一度顧客セグメントを定義しておけばリストは自動更新されるので、リスト作成時の手間の削減やより精緻なターゲットリストの抽出が可能となり、メッセージ配信担当者の作業効率化にもつながる。

 またMA機能として、メール・LINE・アプリにも対応しており、幅広いセグメントに対し、様々なチャネルで効果的にメッセージを届けることが可能だ。

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング