デジタルガレージとKDDI、DXの実証実験を渋谷で実施 「食べログ」飲食店情報をARで表示

MarkeZine / 2019年9月13日 12時30分

写真

 デジタルガレージ(以下、DG)とKDDIは、ARとVisual Positioning Service(※)技術を活用したデジタルトランスフォーメーションの実証実験を、2019年9月21日に渋谷において実施する。

(※)GPS(Global Positioning System:全地球測位システム)の発展系と位置付けられる技術。3Dマップとスマートフォンなどに搭載されたカメラ越しの画像とを照合し、向きや方位を含む高精度な位置情報を特定する。

 本実証実験では、渋谷のデジタル情報と、現実の渋谷の光景をスマートフォンアプリを通じて重ね合わせる。利用するアプリケーションは、DGとKDDI、カカクコム、クレディセゾンの4社による研究開発組織「DG Lab」が開発。個人の趣向に合わせた施設やランドマークの回遊に最適なルートを提案することができる。また、最終到着時間や各地点での所要時間を考慮し、ユーザーの気分に合わせたルートを自動で提示する。

 さらに、スマートフォンを渋谷の街にかざすと、カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」に掲載されている飲食店情報などがアプリ画面上にARで表示され、ユーザーは好みの店舗を簡単に見つけることができる。

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング