<江川達也からの緊急提言>鬼怒川決壊から学ぶ「河川監視カメラの増設」を

メディアゴン / 2015年9月16日 7時30分

江川達也[漫画家]

* * *

川にもっとカメラを。

どうやら、雨の降る量は増加傾向にあるようだ。となると、単純に考えて、「堤防を高くすること」と「早めの避難」という対策になる。

堤防は巨大な土木工事なので一朝一夕には不可能だ。今すぐ、出来ることは「早めの避難」となる。

そのためには、危険かどうかの情報が決め手となる。 吃緊の課題は、河川監視カメラの増設だろう。

河川監視カメラの映像を見るのが好きでよく見ていたことがあるが、かねてより筆者はカメラの数の少なさと解像度に苦言を呈していた。 最近高性能で低価格なカメラが沢山出来ている。

いつでもどこでも好きな場所の監視カメラが見れるようにして欲しい。 技術はもうすでにそれが可能な価格になっているはずだ。

(本記事は、著者のFecebookエントリを元にした編集・転載記事です)

【あわせて読みたい】

・<鬼怒川決壊・最前線の救出活動>自衛隊の「いのちを守る活動」にこそ敬意
・[江川達也]<朝鮮半島は裏切りの島>日本の中国地方と朝鮮半島は地政学的に似ているが「何が」違うのか?
・[江川達也]<2020年の東京オリンピックは中止しよう>かつて日本が自ら辞退した「幻の東京オリンピック」があった
・[江川達也]「東京クズリンピック」の関係者はみんなやめろ!と叫びたい。
・<テレビ業界の不思議なコンプライアンス>看護婦とスチュワーデスはダメで「女性キャスター」ならOK?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング