<インターフェロンは過去のものに>C型肝炎が「ほぼ100%」治癒の時代が到来

メディアゴン / 2014年11月21日 2時35分

松井宏夫[医療ジャーナリスト]

* * *

 「27年間、患者さんには良く頑張っていただいたと思います」

と、涙をこらえて言葉を漏らしたのは、「C型肝炎」の治療を行ってきた第一線の医師。

実は、C型肝炎治療はついに治る時代を迎えたのである。C型肝炎は1989年にそのウイルスが発見されて以降、感染経路に対する予防策がとられ、治療はインターフェロンが用いられてきた。その単独治療から抗ウイルス薬のリバビリンやインターフェロンの新タイプのペグインターフェロンが登場。

併用療法がおこなわれて段階的に治療成績も上昇してきた。それでも、ウイルス排除率は最高で約60%。

それが14年に登場したウイルスのNS5Aたんぱくを抑える「NS5A阻害薬」と「プロテアーゼ阻害薬」を服用する治療で、その効果は85%を超えるようになった。

さらに、この後、15年、16年と有効な薬が登場することになっている。これは「ほぼ100%治癒」になる画期的な薬。インターフェロンの治療ではほとんどの患者さんが「うつ」状態に苦しめられていた。患者がその苦しみに耐えてこられたのは、治癒を期待しているから。その「うつ」状態の苦しみを最前線の治療現場で診ているからこそ、医師の前述の言葉が出たのである。

インターフェロンは過去のものになったのだ。そして、治療を来年に先延ばしにしている患者さんもかなりいる。

C型肝炎治療は、まさに医療の進歩の素晴らしさを体験する時代を迎えたのである。

メディアゴン

トピックスRSS

ランキング