これが大人のチラリズム!男目線をつかむ「上品チラ見せ」ファッション

Menjoy / 2013年10月30日 12時0分

だんだん風も冷たくなってくると、肌の露出を控えるファッションになりますよね。全身をくまなく隠してしまうファッションでは、若々しさをアピールできないのは確か。でも、だからといって若い子と同じように、寒空の下で露出度が高すぎるファッションをしてしまうと、“頑張ってます感”たっぷりの、単なるイタい女性になってしまうかも! 大人な女性にとっては、悩ましいところでしょう。

そこで今回は、寒い時期だからこそ男性の目にかわいく映る、大人の女性のためのチラ見せファッションのポイントについて、パーソナルスタイリストである筆者がご紹介いたします。

 

■1:お腹より背中

丈が短いトップスを着てお腹をチラ見せするファッションは、若い子がやる分にはよいですが、大人の女性がしてしまうと頑張った感たっぷりになってしまいます。“おしゃれは我慢”といえど、冬の寒さが堪えて、腰周りの冷えから体調を崩してしまう可能性も大でしょう。これでは何もいいことありませんよね。

大人の女性には、お腹よりも“背中見せファッション”が正解。とはいっても、大胆に開きすぎたデザインものでは、やりすぎた感たっぷりで逆効果になってしまいます。バックスタイルが浅くV字にカットされたニット等、ちょっと背中が見える位のチラ見せを死守できるトップスを、ぜひ選んでみてくださいね。

 

■2:胸よりうなじ

胸の谷間が強調された、大胆なカッティングの胸見せファッション。でも、真冬に胸元だけがっつり開いたファッションは、あまりにもあからさますぎますよね。

そこで大人の女性には、胸の谷間を見せるよりも、“うなじ”を見せるファッションがオススメ。タートルネックを着たり、ヘアをダウンスタイルにして隠したりせず、首周りが開いたトップスに、ヘアはアップスタイルにして、うなじをチラ見せしちゃいましょう。

ヘアはきっちりまとめすぎず、ラフにまとめるくらいが、うなじ見せより色っぽく見せてくれますよ。

 

■3:腿より二の腕

ミニスカートにロングブーツをあわせる“腿見せファッション”。真冬にミニスカートは男性陣には高評価と思いきや、男性からは“脚寒そう”と、決して好感度が高いわけではないようです。

そこで大人の女性には、腿を見せるよりも“二の腕を見せるファッション”が正解です。でも、だからといってノースリーブを着ていかにも“寒そう”に見せてしまうのではなく、ロングスリーブでスリットからチラっと二の腕を見せるのがポイント。

上半身でチラ見せしつつ、ボトムスはあえて長めのパンツを履くなど露出を控えると、より全体的なチラリズムが上品に見えますよ。

 

以上、大人の女性が押さえておくべき“冬のチラ見せファッションテク”を3つご紹介しました。どうせ重ね着して隠れるからといって、手入れを怠ることのないように、ボディケアはしっかり忘れずに続けてくださいね。

 

【関連記事】

※ 無意識に選ぶ初デートの服装でわかる!脈アリ/脈ナシの深層心理

痩せたのに「太った?」と彼に言われてしまう女性のNGファッション4つ

いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

失敗できない!テーマパークでのデートで避けるべきヘア&ファッション4つ

※ 20~40代未婚男性が考えている「自分の恋愛アピールポイント」5つ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング