だってモテたいんだもん!男が「合コンで思わずついてしまうウソ」トップ5

Menjoy / 2013年12月12日 21時0分

合コンに参加したことのある方は、場の空気を読んで「彼氏いないよ」と言ってしまうこと、ありますよね。でも、そんなウソはかわいいもの。一方、年収や職業で判断されがちな男性陣にいたっては、「ウソをつかないと土俵にさえ立てない」こともあるんだそう。

今回は、『Menjoy!』が20~30代の男性500人を対象に実施したインターネットリサーチの結果をもとに、“合コンで思わずついてしまうウソ”をご紹介します(協力:株式会社クリエイティブジャパン)。多少のウソは大目に見たいところですが、本音はどうなっているのでしょうか?

 

■5位:学歴(4%)

何だかんだで根強く残る学歴社会。見栄を張って偏差値をちょい増しする気持ちはわからなくもありません。

<「その場だけの相手と思い、出身大学を嘘ついたら、偶然相手がその大学で焦った!」>

意外なつながりが見つかったとき、普通はテンションが上がるもの。目の前の男性がやたら焦り出したら怪しいということです。

 

■4位:職歴(5%)

<「若いころ無職の時に合コンしたことがあって正直に「無職でーす」と言ったら、女性陣に露骨に差別、無視された」>

正直が裏目に出てしまった悲しい事例。世の中、仕事から収入やステイタスを判断する女性ばかりではありませんが、相手選びは蓋を開ける前から念入りにしておいたほうがお互いのためです。 

 

■3位:年齢(7%)

<「相手の気に入りそうな年齢層に合わそうと思って。」>

女性の年齢詐称はバレたときに気まずいですが、こんな理由(ただし年下男性)ならカワイイですね。

 

■2位:恋人いない歴(18%)

やはり上位は女性関係。 

<「長い間恋人がいないのも何か問題があると思われるかも知れないから。」

「今まで付き合ったことが無いと正直に言うのは、少しばかり気が引けます…」>

「最後に付き合ったのいつ?」なんて質問に時計回りで答えさせられ言いにくそうにしている男性は、こんな思いを抱えているのかもしれません。

「恋人いない歴」は間が空きすぎているのもダメ、直近すぎるのもダメ。「過去に付き合った人数」は多くてもダメだし、少なすぎてもダメ。ウソでさじ加減を調整するのは合コンのマナー? なのかもしれませんね。

 

■1位:彼女の有無(20%)

そして、第1位はやはり「彼女の有無」。 

<「付き合いたいから彼女の存在をなしにする」

「彼女がいるといった時点で合コンに出ている意味がないので。周りもしらけてしまう。」

「もてたいから」>

結果は、とにかく「もてたい」といった理由が多く挙がりました。これは女性にも同じことが言えそう。男も女も合コンに出席する時点で、“まったく何も期待していない”わけがないということです。

 

以上、“男性が合コンで思わずついてしまうウソ”ベスト5をお届けしましたが、いかがでしたか?

男性が初めて会う女性に対し、少しでも自分を良く見せたいと思うのは自然なこと。とはいえ、ウソはウソ。せめてバレてもカバーできる、笑えるウソに留めておいてほしいですね。

 

【関連記事】

これぞモテ女道!「勝ちコン風水テクニック」5つ

遅い時間ほど信用できない!「男は朝より夜のほうがウソをつく」と判明

※ ぽっちゃり好きなんてウソ!「男が本当に好きな女性の体型」が判明

※ バレたらやばい!男がその場しのぎで「とっさについちゃう嘘」4つ

※ 真っ赤なウソ!男が「本音を隠す時に思わず言っちゃう」フレーズ5つ

 

【参考】

※ ボイスノートインタネットリサーチ – 株式会社クリエイティブジャパン

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング