やっぱり!「好きなものが似ているカップルは上手くいく」その理由とは

Menjoy / 2013年12月17日 22時0分

以前『Menjoy!』では、人は最初から “自分と似ている相手をパートナーに選んでいる”という記事を紹介しました(「“夫婦は顔が似てくる”は間違い!そっくりカップルが生まれる意外な真相」)。

そして、好きなものが似たもの同士のカップルであるほど、その関係が上手くいくらしいということが、イギリスの新聞『Daily Mail』(ウェブ版)で紹介されました。

なぜ、似たもの同士のカップルのほうが上手くいくのか、記事の内容とあわせて紹介します。

 

■似たもの同士が上手くいく理由

記事によれば、eHarmony社が結婚したカップルのデータを使って、数千人のカップルの相性を分析したところ、性格が反対のカップルよりも、似たもの同士のカップルのほうが、関係が長く続くことが判明したというのです。

反対の性格をもつカップルは、最初はお互いに自分にないものをもっている相手に惹かれるものの、次第にその違いによってケンカが絶えなくなるというのです。

どうして、似たもの同士が上手くいき、似ていないと上手くいかないのでしょうか? そこには、人間の“経済原理志向”が働いています。

つまり、似たもの同士であれば、相手の行動や考え方が自分と同じため予測がつきやすくなります。けれども、似ていなければ相手の行動や考えについて、いちいち深く考えなくてはいけず、それが外れることもあります。

それって、面倒ですよね。たとえば外食でレストランを選ぶとき、似ていれば、お互いにカレーが食べたいなと思うわけですが、似ていないと自分はシーフードが食べたいのに、相手は焼き肉が食べたいっていうことになります。

すると、なにを食べるかでケンカになりやすくなるわけです。

 

いかがですか? 似ていない者同士が上手くいくためには、お互いに相手に譲り合うということが必要なんですね。

 

【関連記事】

※ じつは20代夫婦の43%が実践しているアレが「夫婦円満に効果的」と判明

※ 「この女でよかった!」夫が惚れ直す妻のちょっとした行動

※ いま未婚男性が女性に求めている条件は「三等」と判明!

※ 「男のホンネ」はやっぱり●●!夫が妻に惚れ直してしまう瞬間

※ 好きな男女同士は「呼吸も同調している」ことが明らかに

 

【参考】

※ EXCLUSIVE: How opposites DON’T attract in long-term relationships – because conflicting personalitie - Mail Online

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング