そろそろ準備しないとヤバイ!男心を喜ばせる「年始のあいさつ」テク

Menjoy / 2013年12月24日 8時0分

今年も年賀状の受け付けがスタートしましたが、最近は、友人や恋人など、プライベートな関係の人にはメールで年始のあいさつをする人が増えていますよね。

気になる男性や彼氏には年明け早々から好印象を与えたいものですが、男性としては、メールとハガキどちらが嬉しいのでしょうか?

そこで、恋愛ライフデザイナーの久野浩司さんに、男心をくすぐる年始のあいさつについて教えていただきました。

 

■やっぱりメールよりも紙の年賀状のほうが嬉しい!

最近は、日付が変わった瞬間の簡易的なメールが主流ですが、そんななか、元旦の第一便で届く年賀状はインパクト大で嬉しさ倍増です。彼に好印象を与えたいなら、ぜひ紙の年賀状を!

ただ、せっかく心のこもった年賀状でも元旦より遅れて届くと、ちょっと白けてしまうというか、ガッカリ感が否めないので、クリスマスまでには投函をすませましょう。

なお、実家に帰るなどで彼が元旦に年賀状を受け取れない場合、メールと年賀状の合わせ技がオススメ。つまり、年始にはまずメールであいさつをしておき、その後、彼が自宅に戻ったときに、ポストに年賀状を発見できるようにしておくと、彼にとってダブルの喜びでしょう。

 

■きちんと直筆でオリジナルメッセージを書こう

このご時世に年賀状が元旦に届くだけでも好感度アップですが、ただ「今年もよろしくお願いします」等、決まり文句だけではちょっと寂しい……。

やはり相手に向けたオリジナルメッセージを丁寧に書くのがポイントです。

 

■専門店のこだわり年賀状だとなお良し

最近は、コンビニでもイラスト付きの年賀ハガキが売っていますが、大切な彼用には、専門店でお気に入りのデザインのものを選んでみてはいかがでしょうか?

コンビニでは見かけないかわいらしいデザインのものが届くと、「自分のためにわざわざ選んで買ってくれたのかな?」と嬉しさもひとしお。ここは、あなたのセンスの見せどころです。

 

■メールの場合は一工夫を加えよう

今から年賀状を準備しようにも、元旦に間に合わない! それならば、メールに頼ることになりますが、メールでも一工夫を加えるだけで、心に残る年始のあいさつにすることが可能です。

たとえば、ふたりで一緒に撮影した写真などが添付されていて、そのときの思い出などが一言添えられていると、オンリーワン感がアップして、もらった側としてはつい顔がほころんでしまいます。

また、メールだけでなく紙の年賀状でも当てはまることですが、ふたりの関係の進展を期待させるようなメッセージをぜひ書くべし!

たとえば、交際中の彼に対してなら「一緒に幸せになろう!」。まだ恋人未満だけど、ひそかに思いを寄せている男性に対しては「今度、一緒に~~に行きたいね」といった感じです。

面と向かってなかなか言えないようなことでも、メールやハガキなら伝えられるはず。重くならない程度に、あなたの思いをさりげなくアピールするチャンスです。

 

以上、男心をくすぐる年始のあいさつについてお届けしましたがいかがでしたか? 2014年に意中の彼とハッピーな関係を築きたいかたは、ぜひ実践してみてくださいね!

 

【関連記事】

惚れ直すぜ!寝込んだ男性が彼女にしてほしいこと6種

愛も冷え込む!寝込んだ男性が彼女からされて死ぬほどイヤなこと6つ

12月はパワースポットで恋愛祈願!「年末詣」おすすめ神社3つ

新年会で「こいついい女じゃん」と好感を持たれる行動7つ

初詣で彼氏が「こいつうぜぇ」ってなる女性のNG言動10選

 

【取材協力】

※ 久野浩司・・・オールアバウト恋愛ガイド。日本ライフデザイン協会マリッジカウンセラー。独身女性向けに「恋愛ライフデザインセミナー」(http://algrat.jp/)を毎月開催。受講後、わずか1か月で結婚が決まるなど数多くの女性を幸せな結婚へと導いている。 女性誌、TV、ラジオ等で恋愛コメンテーターとして活躍中。著書に『二人ならもっと幸せ!』、『縁結び~恋愛宝地図ノート』(ともにポプラ社)がある。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング