やっぱりほしい…でも困る?「バレンタインが気になる男性は●●割」と判明

Menjoy / 2014年1月24日 8時0分

1月も半ばを過ぎ、そろそろバレンタインを考える時期になってきました。

贈る側の女性は、今年はどんなものをカレや同僚にプレゼントしようか悩む季節ですが、男性は男性でもらえるかもらえないか気になる季節です。

『イプサ』による、20歳~35歳の働く未婚男性200名、女性300名を対象とした、「“バレンタインデー”に関する意識・実態調査」によれば、バレンタインデー当日に、もらえるかどうかでドキドキしている男性は、20代でおよそ4割におよぶことがわかりました。

はたして男性にとって、バレンタインというのは、どんなイベントなのでしょうか。

 

バレンタインデーにドキドキしている男性

調査によれば、「バレンタインデーには、普段と違うドキドキ感がありますか?」とたずねたところ、20代男性の36パーセント、30代男性の25パーセントが「ある」と回答。

「お返しが大変だから……」という声も男性からは聞かれますが、心のなかではやっぱりバレンタインにもらえるかもらえないかは、気になる様子。

また、「バレンタインデーに、女性たちのメイクやファッションで、その人の予定の有無を推測したことはありますか?」とたずねたところ、およそ18パーセントの男性が「ある」と回答したというのです。

ちょっと、セクハラっぽい気もしないではありませんが、それもバレンタインが気になるからこそでしょうか。

 

いかがですか。義理チョコ、友チョコなど、さまざまなバレンタインチョコがありますが、やっぱり男性からするともらえないのは寂しいようです。ぜひ、今年のバレンタインは、まわりの男性たちにチョコをプレゼントしてあげてくださいね。

 

【関連記事】

※ 実はかなり不安!バレンタインデー前の”男の本音”10個

※ 騙す方も騙される方も大変?バレンタインの”嘘”10個

※ ちょっと一手間!男性に喜ばれるプレゼントの渡し方はコレ

※ 女性から告白して大丈夫!ホワイトデーの意外な由来

 ”失恋ショコラティエ”に学ぶ!魔性の女が本当は計算している3つのこと

 

【参考】

“バレンタインデー”に関する意識・実態調査 – イプサ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング