イクメンこそ要注意?「子どもができると男性は●●になる」研究で判明

Menjoy / 2014年3月11日 17時58分

女好きの遊び人だったのに、子どもができると、子煩悩で家庭的になるという男性はよくいますよね。満面の笑顔で子どもをあやしているカレを見ていると、なんとも幸せな気分になるのではないでしょうか。

しかし、良いパパに変身したカレの体内では、実はある変化が起きているのです。「やっと落ち着いてくれたね!」なんて、喜んでばかりはいられません。パパになったカレの体内では、ある大切なホルモンが減少していたのです。

このホルモン、多すぎると暴力的になったり、浮気性になったりするのですが、少なくなりすぎると、ある副作用が出てしまう可能性もあるとも言われています。

良くも悪くも“男らしさ”に影響を与えるホルモン、テストステロンについての研究を、イギリスのニュースサイト『MailOnline』からご紹介いたします。

 

■子育てに夢中になるほどオトコじゃなくなる!?

ノースウェスタン大学の研究チームによれば、結婚し子どもができると、このテストステロンという男性ホルモンが減少するとのことです。テストステロンとは、主に睾丸から分泌されるホルモンで、性欲にも関係しています。研究では、20代の男性600名を対象に、テストステロンの変化が調査されました。

調査は5年間おこなわれ、そのあいだに600名の男性の約3分の1が子どもをもち、父親になっていました。

調査の結果、子どもがいない男性のテストステロンは、5年間で14パーセント減少したのに対し、父親となっていた男性では、34パーセントも少なくなっていたことがわかったのです。

また、父親となった男性のなかでも子育てに積極的に参加している男性のほうが、テストステロンの減少が大きいということもわかりました。

テストステロンが減少すると、性欲も減退するため、女性への興味が薄まります。良いパパになってくれるのはうれしいですが、たまには二人でセクシーな気分に、なんてときには少し寂しいですよね。

 

最近ダンナが私に興味ないみたい……とお嘆きのあなた! 子どもができると男性ホルモンが減少するのは、自然な現象ですので、“男らしさ”よりも“父親らしさ”を見つめてあげると、もっと深く愛することができるようになるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ そーだったの?「彼氏にするなら怖い顔の男がいい」と研究で判明

※ 付き合うならリッチマンと!「お金持ちになる男性」の見分け方まとめ

※ ハゲはOKギャグはNG!「イケメンだから許される」のはどこまでか

※ カレがラーメン好きなら要注意!「ハゲる男の好む食べ物」5つ

※ 悩める彼に教えてあげたい!「ハゲ」にまつわる小ネタまとめ

 

【参考】

※ Why fathers are faithful: Becoming a dad causes a testosterone drop that makes men less likely to stray – MailOnline

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング