何でこうなるの!「恋愛経験が多いと理想の結婚相手に出会えない」らしい

Menjoy / 2014年4月6日 9時0分

これまで『Menjoy!』で結婚をテーマに書かれた記事といえば、どちらかというと、シビアな現実をあぶり出す記事が多かったような気がします。

良薬は口に苦しということで、今回も結婚に対する調査でわかった、衝撃的な現実をお伝えします。えっ、読みたくない? でも、読んでおいたほうがいいと思いますよ……?

『ガールズスタイルLABO』が20代から50代の既婚女性205名を対象におこなった「“結婚相手に求める条件”に関する実態調査」から、気になる実態を見ていきましょう。

 

■恋愛経験が豊富なほど、結婚相手への満足度は低い

実は、恋愛経験をつむほどパートナー選びを間違えない、ではなく、“パートナーへの満足度が低くなってしまう”という結果が出ています。

「付き合った人数と、結婚相手への満足度の関係」を見てみると、交際人数が多くなるにつれて、結婚相手への満足度が下がる傾向にありました。

相手への満足度が50%以下、つまり、“パートナーにいまいち満足していない人”の割合を見ていくと、交際相手が1~3人の人で17.9%。4~9人で20.6%であるのに対し、9人以上だと36.9%にものぼります。

反対に、現在の夫は80%以上理想の相手と回答した人の割合を調べてみると、交際人数9人以上の人が63.2%だったの対し、1~3人の人は82.1%と高い数字に。この結果は何を意味しているのでしょう。

交際相手が多い女性は、理想に対して“ワガママ”になりがちであることは考慮しても、理由はそれだけではなさそうなのです。

 

■交際経験の多い女性はおことわり!?

『Menjoy!』の過去記事「“恋愛経験が多い=結婚できる”ではないことが判明する」に女性の恋愛経験と結婚に関する興味深い内容が書かれていました。

社会学者の山田昌弘教授が “日本の未婚者の実情”について調査した結果、モテる男性は結婚可能性が高いが、モテる女性は結婚可能性が高いとはいえないことがわかったのです。

その背景には、男性は、異性経験が少ない女性を結婚相手に求める傾向があるとのこと。つまり、女性はモテて交際人数が増えるほど、男性から結婚相手に選ばれる確率が減る可能性がある、ということです。

つまり女性は、なるべくいい相手を探そうと品定めする結果、その回数に比例して、自分の商品価値が下がってしまう可能性があるというのだから皮肉な話です。

 

いかがでしたか。恋愛を満喫して、理想通りじゃなくても伴侶を獲得するのか、それとも経験をつまないうちに、理想に近い伴侶とゴールインを目指すのか。でも、理想の相手と幸せな結婚生活は、必ずしも関連していないかもしれないですよね。

結婚生活を楽しく過ごせそうなのは、どんなパートナーなのか。春に向けて、しっかり考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

【関連記事】

目を背けないで!男も女も「結婚する前に知っておくべき」4つのリアル

悲しいけど当たってる…トキメキがなくなる前に知りたい結婚の現実4つ

「理想と違うタイプ」を追うと婚期を得る!? 仲人直伝婚活のコツ

見当はずれじゃ独女確定!男性が本当に望む「結婚相手への条件」5つ

 

【参考】

※ 「結婚相手に求める条件」に関する実態調査 – ガールズスタイルLABO

 

【画像】

by Hamner_Fotos

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング