ケンカ売ってんの?うっかり使うとイラっとさせちゃう「ヤバイ英会話」4つ

Menjoy / 2014年6月18日 12時0分

最近は色んなものがグローバル化して、海外で働くハイスペック男子や、イケメン外国人が日本にも増えてきましたよね。そんな今だからこそ、自分の“英語力”を見直したほうがいいかもしれません。

というわけで今回は、聞くだけ英会話教材の『エブリデイイングリッシュ』へ突撃取材! 「今、“英語力”はGoogleトレンド数(検索人気度)でも右肩上がりで急上昇中。何とな~くで“中学英語”を使って英語を話すと恥ずかしい思いをするかもしれません」とのこと。

確かに、高給取りなハイスペック男子のほとんどは、英語ができて当たり前な感じです。“使うとヤバイ中学英語”、要チェックですよ。

 

■1:「私もあなたが好きよ」と言ったつもりが……?

「君のことが好きだよ」と言われ、「私もあなたが好きよ」と言おうとして、「Me, too.」なんて言わないようにしましょう。これでは、「私も私自身のことが好きなの」という意味になり、相手に「自分が大好きな人なんだ」と思われてしまいます!

「私もあなたが好きよ」と言いたいなら、「I like you, too.」と言うのが正解です。

 

■2:「大丈夫」と言ったつもりが……?

待ち合わせ時間を過ぎてもなかなかあらわれない男性から、電話で「ごめん、仕事で遅くなったんだ」と言われ、「大丈夫」と言いたいとき、何と言いますか?

もし「It’s OK.」と言ってしまうと、彼が落ち込んでしまうかも。なぜなら、「It’s OK.」だと、「もういいから、放っておいてよ」と聞こえるからです。

正しくは、「That’s OK.」です。覚えておきましょう!

 

■3:誘いに喜んで同意したつもりが……?

男性から映画のお誘いを受け、「それはいいわね」と言いたいとき、「That’s good.」なんて言わないようにしましょう。「That’s good.」だと、「それでもいいんじゃない」とネガティブに聞こえる恐れがあるからです。

「それはいいわね!」と誘いを受けた喜びを表現したければ、「Sounds good.」と言うのが正解です。

 

■4:ちょっと聞き返しただけのつもりが……?

一緒にいる男性の英語が聞き取れず「えっ、何?」と聞き返したいとき、「What?」と言ってしまうと、彼は馬鹿にされたと受けとめるかもしれません。なぜなら「はぁ?」と言っているように聞こえるかもしれないからです!

聞き返すように「えっ、何?」と正しく伝えたいなら、「Excuse me?」と言うのが正解です。

 

文法から机でこつこつ勉強しなくちゃ、と英語に対して苦手意識をもつ必要はないとのこと。

「英語は場面にあったフレーズさえ知っておけば大丈夫です。なので、実用的なフレーズを繰り返し聞くことが、英語を上達する近道」なのだとか。

数少ないハイスペック男子やイケメン外国人との出会いを無駄にするなんて、本当にもったいないですよね。今回ご紹介したヤバイ英語を使ってしまわないように気をつけてくださいね。

 

【関連記事】

※ ぴょろ~ん!意外と忘れがちな「男が幻滅するムダ毛」2つ

※ 実は全部逆効果だった!? 女性が勘違いしている「男の●●」3つ

※ 谷間がないと「デキない女」認定!? 乳テストで分かった切ない結果

※ カップル176人に聞いた「同棲を続けるには一人●●が必要」だった!?

※ 守らないと破局する!? 長続きさせるための「同棲の掟」8個

 

【取材協力】

聞くだけ英会話教材エブリデイイングリッシュ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング