あなたも当てはまる?「離婚しやすいカップル」意外な特徴5つ

Menjoy / 2014年11月10日 20時0分

あなたも当てはまる?「離婚しやすいカップル」意外な特徴5つ

大好きな彼と結婚したのなら、死ぬまで一緒にいたいと願うのはだれしも同じ。まさか、離婚するようになるなんておもいたくないですよね。

これまでも『Menjoy!』では、幸せな結婚をしたにもかかわらず、離婚してしまうカップルについて紹介してきました。

今回は、アメリカ・エモリー大学のアンドリュー・フランシス氏らが3,000人以上の結婚経験者を対象とした調査のなかから、最近結婚したカップルの結果にスポットをあてて、離婚しやすいカップルの5つの特徴を紹介したいとおもいます。

 

■プロポーズまでの期間が短い

付き合いはじめてから1年以内にプロポーズをしたカップルと比較すると、1~2年のあいだにプロポーズした場合は、離婚率が20%、3年以上経ってからというカップルは39%も離婚率が下がるという結果に。

やはり、相手のことをよく知ってから結婚したほうがいいようです。

 

■年収が少ない

年収が0から25,000ドルのカップルと比較すると、年収が25,000ドルから50,000ドルでは31%、50,000ドルから75,000ドルでは39%、100,000万ドルから125,000ドルでは42%、125,000ドル以上では51%も離婚率が下がるという結果に。

結婚に踏み切れない理由として、よく経済問題があがりますが、やはりお金が結婚生活を左右させるようです。

 

■見た目重視

結婚を決めた理由が、相手の見た目であった場合、離婚率は上がるようです。

相手の顔や財産も関係なく結婚を決めた場合がもっとも離婚率が低く、比較して財産重視では18%、相手の顔重視では40%も離婚率が上がるという結果に。

やはり、結婚は相手の性格が大事なようです。

 

■結婚式の列席者

ジミ婚というのがありますが、離婚するカップルほどジミ婚にあるようです。

カップル2人だけで結婚式をあげた場合と比較して、1~10人では35%、11~50人では56%、51~100人では69%、101~200人では84%、200人以上では92%も離婚率が下がるという結果でした。

 

■新婚旅行に行っていない

仕事が忙しくて新婚旅行に行けなかった。そんなひともいるとおもいます。ですが、それが思わぬしこりになっているのかも。

新婚旅行に行ったカップルに比べ、行ってないカップルでは離婚率が41%も上がるという結果でした。やはり、新婚旅行はなにがなんでもいったほうがいいようです。

 

いかがですか。アメリカでの調査ではありますが、日本でもあてはまりそうです。これから結婚するというひとたちは、ぜひ気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 男が思わずトキめく!「1通目のLINE」キラーフレーズ4つ

※ ヤダ大興奮?男が「めちゃくちゃにしてぇッ」となる女性の特徴4つ 

※ へぇ…たまには夫とでもいいか!「妻とアレしたい夫は9割」と判明

※ げっ…コレ私だ!オトコが実は引いている「依存女子」特徴4つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

 

【姉妹サイト】

※ なんかムカつくけど!「嫌いすぎる同僚」となんとかうまくやる4つのコツ

※ グイグイ迫りすぎて失恋「加減しらず女子」が50.4%もいると判明

 

【参考】

※ ‘A Diamond is Forever’ and Other Fairy Tales: The Relationship between Wedding Expenses and Marriage – Andrew M. Francisら

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング