えっ…普通は贈るの!? 意外と知らない「彼の実家へのお歳暮」事情

Menjoy / 2014年11月17日 20時0分

えっ…普通は贈るの!? 意外と知らない「彼の実家へのお歳暮」事情

お歳暮といえば、その年の年末、お世話になったひとに感謝の気持ちとして贈るプレゼントですよね。当然、結婚しているあなたなら、彼の実家のご両親に対してもお歳暮を贈るということがあるでしょう。

今の時期、デパートにいけばお歳暮の催事場で、商品を選ぶことができるわけですが、なかなか世間のお歳暮事情ってわからないことが多いですよね。

そこで今回は、『婦人画報のおかいもの』がおこなった調査をもとに、2014年のお歳暮事情を紹介したいとおもいます。

 

■今年“お歳暮”や“冬のギフト”を贈る予定

ところで、お歳暮や冬のギフトを贈る予定があるひとは、世間ではどのくらいいるのでしょうか。調査によれば、「ある」というひとは72.4%。およそ7割のひとたちが、お歳暮を贈る予定だという結果でした。

その贈る相手としては、複数回答による調査によれば、家族・親戚が77.6%と最も多く、ついで友人・知人、プライベートでお世話になったひとという結果に。

やはり、結婚しているあなたなら、彼のご両親にお歳暮を贈らないわけにはいかなさそうです。

 

■“お歳暮”や“冬のギフト”の実態

では、世間のひとたちは、どこでお歳暮や冬のギフトを購入しているのでしょうか。複数回答による調査によれば、お取り寄せ・通信販売が74.1%、デパート・百貨店が73.5%、路面店・直営店が10.4%という結果に。

デパート・百貨店よりも、お取り寄せ・通販で買うというひとが多い結果になりました。これは、百貨店には売っていない“ひとと違ったこだわりのもの”を探す傾向があるのかもしれません。

そんなお歳暮や冬のギフトにかける金額はというと、3,000円~5,000円が63%、5,000円~10,000円が29%、20,000円以上が6%、3,000円未満が6%という結果でした。

また、購入する商品としては、スイーツが73.3%、肉・肉加工品が36.5%、飲料・お酒が34.2%、魚・水産加工品が33.3%という結果でした。

反対に、もらって困った、あまりうれしくなかったものはというと、誰もが知っているような定番メーカーのギフトが24.0%であるのに対し、贈り主のセンスやこだわりが感じられるギフトが62.5%という結果でした。

どうやら、あまりにこだわり抜いたお歳暮よりも、定番の商品のほうが喜ばれるのかもしれません。

 

いかがですか。なにかと難しいお歳暮。彼のご両親に喜んでもらえるお歳暮を選んで、嫁姑の仲をよくしてみましょうね。

 

【関連記事】

※ 女と全然違う!オトコが「別れた後に実は内緒でしてるコト」3つ

※ 性欲の豆知識で逆算!オトコが「だんだん好きになっていく」テク

※ なぜあのコがカレと?「ムリめな男をオトせる」デジャヴテク3つ

※ もうバレバレ!「オトコが本命女子だけにするキス」2パターン

※ 私たち付き合ってるの?オトナの関係でも「告白が大切」だと判明

 

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ バケツにハンバーガー!? アメリカのおかしすぎる「食べ物サイズ」

【参考】

※ 2014年お歳暮および年末の自分へのご褒美に関する調査 - 婦人画報のおかいもの

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング