スグ離婚?結婚後に問題になりやすい「価値観の違い」盲点3パターン

Menjoy / 2016年11月1日 12時15分

よく「結婚するなら価値観が合う人がイイ」なんて話、聞きますよね。食や金銭感覚以外にも、結婚してみて初めて分かる“価値観”の違いが存在します。今回は市議時代から魑魅魍魎な人間模様を垣間見てきた筆者が、交際中は盲点ながら、結婚した後、離婚問題に発展しやすい価値観の違いを3つお伝えしていきます。

1:交友関係

人間は周りにいる人の影響を少なからず受けることも多いのです。結婚後に、遊び人やお金にルーズな友人が夫の身近なところにいると「ちょっと距離を置いてほしいな……」って思う妻も少なくないもの。

自分の夫がダメな友人と一緒になって悪い遊びをしていれば、「お願いだから付き合いをやめて!」と思ってしまいがちです。

けれども、夫が「何言ってんだよ。アイツはイイ奴なんだ」とか言いつつベッタリと付き合いを続けていると、不安になりますしケンカが絶えない夫婦になってしまいます。

2:親戚づきあい

結婚後に、親戚とどの程度の距離感でお付き合いをするのか……、交際中には意外と盲点ですよね。

たとえば、大型連休のたびに親戚で集まる風習があって妻の実家には絶対に遊びに行けない、あるいは親戚からのお金の無心に毎回応じる……などなど、親戚づきあいの濃淡は家庭によって異なります。

夫の「親戚づきあいとはこうあるべき」という考えと妻の価値観が異なれば、親族がストレスの元凶に!

できれば、交際中から擦り合わせておきたい盲点と言えるのではないでしょうか。

3:休日の過ごしかた

結婚は生活そのものなだけに、休日の過ごしかたが大きく違うとケンカが増えて不満が溜まりがちに。

恋人時代は週末しか会えないからと遠出デートに付き合ってくれていたオトコでも、結婚後は「週末ぐらい家でゆっくりしたい」と言い出す可能性も。

周囲の既婚女子が週末ごとに楽しそうなSNSをアップしているのに、自分だけ自宅に缶詰状態……となってしまえば、ストレスがたまる一方。

交際中に見抜きにくい部分だけに、カレの両親がどんな週末を過ごしているのかまでリサーチしておいても損はないかも。

「価値観の違いで離婚しました」というカップルもいるだけに、どんな部分が異なると結婚後に問題になりやすいのかを考えておくのは大事ですよね。

心当たりがあったかたは、今のうちにカレと考えを擦り合わせておくと安心です。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング