彼氏ができても早まっちゃダメ!痛すぎる女の行動7つ【前編】

Menjoy / 2012年2月1日 19時0分

気持ちが熱しやすいというか、恋すると相手のことしか見えなくなって、つい突っ走ってしまう人ってよくいますよね。

恋愛熱に浮かされた行動が吉と出ればいいのですが、たいていの場合は裏目に出ます。その結果、「私ったら何であんなことしちゃったんだろう」と恥ずかしい思いをしたり、「こんな男だと思わなかった!」と相手への愛情が急速冷めたりしがちです。

そんな黒歴史をこれ以上繰り返したくない人に向けて、当記事では、彼氏ができたときに早まってはいけない行動7つを米国の女性向けサイト『MadameNoire』からお届けします。【前編】ではまず以下の3つです。

 

■1:一緒に旅行する

付き合い始めてすぐに一緒に旅行すると、相手の欠点も含めてあらゆる面が見えてしまい、うんざりすることになります。

もし旅行しなければ、何ヶ月もかけて徐々に相手のことを知るので、その過程でひとつやふたつ欠点がわかっても大して失望しないですむでしょう。そういう意味で、あまりにも早い段階から全てを見せ合うのは必ずしもいいことではありません。

考えてもみてください。家族や友達と旅行に行ったときも、誰かと喧嘩になることってよくありませんか? 親しい間柄であってもそうなんですから、まだ付き合って間もない恋人とだったら、なおさら危険ですよね。

 

■2:親に会わせる

「彼と付き合い始めてまだ2週間。ふたりの相性はばっちり。そうだ、パパとママに彼を紹介しなくっちゃ!」

上の考えの何がまずいのかというと、えてして恋人関係というものは、最初の何週間かは“最高”の状態だという点です。

親に彼氏を紹介すると、親の期待はいやがおうにも高まります。もし親が彼氏を気にいったら、口を開くたびに彼の話をしたがるでしょう。一方、あまり気にいらなければ、彼のことを一切話題にしません(それはそれで悪い兆候ですよね)。

いずれにせよ、親の目があるとプレッシャーが高まって、彼のことをどれくらい好きなのか自分の気持ちを見失ってしまうことになります。

 

■3:彼氏との予定が最優先

「ちょっと待って。彼氏との週末の予定を確認しなきゃ」こういうセリフは、交際期間をある程度経てからにすべきです。

付き合い始めて間もない相手と過ごすために、友達との時間その他あなたにとって大事なことをおろそかにしてはなりません。

そんなことをすれば友達から間抜け扱いされますし、自ら墓穴を掘ることになるでしょう。

まだふたりの関係がこれからどうなるのかわからない。ひょっとすると、破局してしまうかもしれないのに、友達はもうあなたを誘ってくれなくなります。

 

彼氏ができたときに早まってはいけない行動7つのうち、まずは3つをお届けしました。あなたがついやってしまう行動はありませんでしたか? 次回は残りの4つをお届けします。

 

【痛い女】

※ 男が本気でドン引きしている「痛い女」の特徴10パターン【レベル1~3編】

※ 男が本気でドン引きしている「痛い女」の特徴10パターン【レベル4~6編】

※ 男が本気でドン引きしている「痛い女」の特徴10パターン【レベル7~10編】

 

【参考】

7 Things Never To Rush In A Relationship – Madame Noire – Black Womens Lifestyle Guide – Black Hair – Black Love

【画像】

by:vendene

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング