結婚に戸惑う男を救う「プロポーズプランナー」に注目集まる

Menjoy / 2012年2月9日 18時0分

あなたはプロポーズされるとすれば、どんなシチュエーションがいいですか? まるで外国映画のようなロマンチックなムードでのプロポーズ? それとも、楽天の田中将大選手の「結婚しようか」のような直球勝負がお好きですか?

なんにせよ、プロポーズの瞬間というのは、女性なら誰しも憧れを抱くもの。ところが、最近はプロポーズになかなか踏み切れない男性も増えているようです。

そんな男性の背中を後押しするサービスが、アメリカで今、流行しつつあります。はたしてそのサービスの中身とは? イギリスのニュースサイトDaily Mailでは以下のように報じられています。

 

皆さんもご存じの通り、“ウェディング”プランナーは結婚式を企画し、盛り上げてくれる職業ですよね。

今回ご紹介する“プロポーズ”プランナーは、なんと「結婚してくれますか?」と女性にプロポーズしたい男性を手助けしてくれる職業なのです。

そもそも結婚の手前で足踏みしている人々に向けて、このような新しいビジネスが生まれたそうです。

例えば、白いハトを飛ばしたり、ヘリコプターの中で求婚したり、あるいはお気に入りのミュージシャンを伴ったり……。素晴らしいプロポーズのシナリオを実現してくれます。

しかも、そんな夢のような瞬間を撮影してくれるカメラマン付き! もちろん、そんな夢のようなイベントを安く実現できるわけではありません。

結婚式当日と同じくらい慎重にプロポーズの計画を進めるには、数千ドルというお金がかかることも……。

ニューヨークでウェディング/プロポーズのプランニングを専門に行う企業『ブリリアント・イベント・プランニング』社のサラ・ピーズさんは、このビジネスのアイディアを友人のプロポーズ体験談から思いつきました。

友人のケースでは、ケンタッキー・フライドチキンのバケットの下に婚約指輪が隠されていたそうです。

「もっとマシな方法があると思ったのです」

とサラ・ピーズさん。

ピーズさんのサイトでは“ニューヨークの輝く夜”や“パリの朝のロマンス”など、より魅力的な方法を提案しています。料金はアイディアのみで500ドル(約3.8万円)。

準備から実行まですべてをお任せすると1万2千ドル(約92万円)にもなるそうです。もっとも、そんな大事なことを他人任せにする男性は「イマジネーションが足りない」と批判をうけるかもしれませんね。

もちろん、プロポーズプランナーはそうした意見に反対です。

テキサスの恋愛/プロポーズコンサルタント『エクスクルーシブ・エンゲージメント』社のマイケル・ブルームバーグさんは、プロポーズプランナーの利用者について以下のように語ります。

「ただお金を払って“何かすごいアイディアをよろしく”というようなお客さんはいませんよ」

ブルームバーグさんによれば、彼のところを訪れるのは、全て人任せというより、むしろプロポーズを仕切りたい男性であるとのこと。彼らはプロポーズが一発勝負であると心得ているがゆえに、どうしたらいいのか戸惑っているのです。

ロサンゼルスの『ハート・バンディッツ』社のミシェル・ウィリアムソンさんも同様の意見。結婚に関して、女性は相談する相手やコンサルタントがたくさんいますが男性はそうではありません。

彼女が新聞のコラムで語ったところによれば、プロポーズプランナーというのは、単にお金とサービスを交換するだけのビジネスライクなものではないそうです。

「依頼人はただお金を払ってアイディアを求めるわけではありません。依頼人の男性に対しては面談を行い、恋人に関する出会いから今までのあらゆることを質問します。面談にかかる時間は膨大で、依頼人が何を質問されたか忘れてしまうほどです。

次にそれらの回答を組み合わせプロポーズプランを練ります。カップルの物語を編み出すようなものですね。依頼人はそのすべてのプロセスに密接に関わっているといえます」

というわけで、男性のみなさん。たとえプロポーズプランナーの助けを求めるときでも、まずはあなた自身が思いついたアイディアがいくつか必要になりますよ!

 

こういうサービスが求められるほど、アメリカでもプロポーズできない男が急増中というのは、かなり興味深いですね。

実はこのプロポーズプランナーというサービス。アメリカだけでなく、日本でも提供している会社はあります。

なので、煮え切らない彼氏には、プロポーズプランナーの存在をそれとなく伝えてみてはいかが? もしくは、あなた自身が逆プロポーズプランの相談をしてみるのもいいかもしれませんね!

 

【プロポーズシリーズ】

「プロポーズされる女」になるために今すぐ彼に聞くべきこと

ロマンチックで冒険的…空からプロポーズした素敵な男性

彼に趣味を言える?プロポーズされた腐女子の選択5つ

プロポーズしてくれない彼に結婚を意識してもらう方法

 

【参考】

Forget wedding planners – now there are PROPOSAL planners to help your man pop the question – Mail Online

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング