男と女の「絶対に許せない結婚相手の条件」に大きな違い

Menjoy / 2012年3月1日 12時0分

結婚は、人々の大きな関心事です。かわいい、料理が上手い、優しい……。

恋人や結婚相手に、どんな性格や態度を望むかといったことは、恋愛の中心的な話題にもなります。

しかしながら、一般的な結婚相手に望む条件を備えていながら、なかなか結婚できないという人もいます。

もしかしたらそれは、結婚相手に望む条件とともに、結婚相手に望まない条件を兼ね備えているからかもしれません。

そこで、千葉科学大学の戸塚唯氏の研究から、いったいどのような条件が結婚相手に選ばれないのか、紹介します。

 

■恋人と結婚相手に望む特性と望まない特性

戸塚は、恋人や結婚相手に望む特性と望まない特性について、たくましい・大胆である・指導力があるといった男らしさ、繊細である・愛嬌がある・献身的であるといった女らしさ、忍耐強い・健康である・素直であるといった人間性などを調べました。

すると、男性は女性らしくない恋人や結婚相手に対して嫌悪し、女性は男性らしくない恋人や結婚相手に対して嫌悪することがわかりました。

そして、男女とも同じ望ましくない特性であったとしても、恋人がもっている場合よりも結婚相手がもっている場合に、より嫌悪することがわかったんです。

これは、恋愛よりも結婚の方が期間が長く、望ましくない特性を相手がもっていると関係を継続することが困難であることを見越しているのだといえます。

その証拠に、かわいらしさがないという特性は恋人でより嫌悪されているのですが、これは結婚相手にはかわいらしさという表面的な部分を期待していないことの裏返しだといえます。

 

■結婚相手に嫌悪される具体的な条件

具体的には、どのような条件が結婚相手として嫌悪されているのでしょうか。

男性では、よく嘘をつく、たばこを吸う女性に対して高い嫌悪がみられました。

女性では、頼りがいがない、心が狭い、不誠実である男性に対して高い嫌悪がみられました。

つまり、男性はたばこの習慣を、女性は信頼感を結婚相手に重視しているといえます。

ちなみに、あまり嫌悪しない条件は、男性では経済的な余裕がない、お酒を飲むであり、女性では料理が得意ではない、お酒を飲むでした。

このことは、よく料理のできる男性がもてるといわれるものの、料理ができなくても結婚相手に選ばれないわけではないことを意味しています。

 

いかがでしたか?

婚活中のひとは、結婚相手に望まれる条件を身につけることも大切ですが、まずは望まれない条件を見直すことからはじめてもいいかもしれませんね。

そして、恋愛から結婚を考えているひとは、結婚を意識しだすのにあわせて、望まれない条件を直していくことも必要です。

そうしないと、いつまでたっても恋人のままか、気づいたら結婚相手として他にライバルがでてくるかもしれません。

 

【男と女の違い】

男と女はやはり違う生き物だった!驚くべき「性格の違い」

男性の方が女性よりずっと「体型を気にしている」と判明

女性は男性より「強い悲しみで簡単に心が壊れてしまう」

男性のほうが女性より「友情が長続きする」謎が明らかに

 

【参考】

※ 戸塚唯(2010)『恋人・結婚相手が持つ否定的特性への嫌悪』 千葉科学大学紀要

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング