あなたの彼は当てはまる?お金が貯まる人の特徴12パターン【2/3】

Menjoy / 2012年4月28日 18時30分

前回に引き続き、今回もお金が貯まる人の特徴を紹介します。

 

■5:キッチンが使いやすく整頓されている

「“台所の綺麗な女に金貸すな” 高利貸に伝わる言葉

節制が出来ていてすぐに返すから利子を取れず商売あがったり。逆に言うと“台所の汚い女には金を貸せ”節制が出来ず浪費傾向で利子を産んでくれて最高らしい」

毎食、コンビニや外食をするよりは自炊をしたほうが使うお金が少ないことは間違いありません。キッチンが整頓されていれば自炊する頻度が増えて節約につながり、ひいては貯蓄金額を増やすことにもつながるのです。

ただし、使いかけの調味料がたくさんストックされている場合は、無駄遣いする傾向が強いかも。“自炊している=お金が貯まりやすい”とはいえないので、彼のキッチンをこっそりチェックしてみてもいいかもしれませんね。

 

■6:経済観念がしっかりとしている

「お金の貯まる人、貯まらない人の違いって単純だよ。お金=貯めるものと考えているか、お金=使うもの、と考えているかの違い」

「収入ー支出=貯蓄  × 収入ー貯蓄=支出  ○」

「給料貰ったら貯金分先取りで、残りで生活してると、普通に貯まるがな」

 貯蓄が上手な人の大半は、給料が出たら真っ先に貯蓄にまわし、残りを生活費に充てていたりします。あればあるだけ使ってしまうという、人の誘惑の弱さを知っているからこそ実践しているのでしょう。

 

■7:ギャンブルをしない

「月4、5回程度だがパチンコやっていても月10万位は貯金出来ている自分みたいなのはいるぞwまあやらなきゃもっと貯められるのはわかるんだが・・・w」

パチンコ、競馬等のギャンブルは、先行投資=マイナスからスタートし、取り戻せるかどうかがわからない、というのが基本。

こういう遊びにしょっちゅう手を出している時点で、お金が貯まるどころか減ってしまう可能性が高いものです。上記のように、ギャンブルをしながらも貯金できている人のほうがレアケースかもしれません。

 

■8:頻繁にATMを利用しない

「一週間に何度もお金を下ろすのは、典型的なお金がたまらない人のパターンです。ATMで頻繁にお金をおろしていると、自分がどれだけ使っているかの感覚がマヒしてきます。

何度もおろすことで使った金額がわからなくなるほかにも、何度も無駄に利用していると、時間外手数料がかかっているか否かにも無頓着になりやすくなります」

低金利時代ですから、2~3回の時間外手数料が貯蓄の年間利子を上回ってしまうケースもありえます。貯蓄を目減りさせてしまう行為のため、この行為に関しては注意をすべきでしょう。

 

いかがでしたか? 最後の4パターンも要チェックですよ!

 

【お金が貯まる人】

あなたの彼は当てはまる?お金が貯まる人の特徴12パターン【1/3】

あなたの彼は当てはまる?お金が貯まる人の特徴12パターン【2/3】

あなたの彼は当てはまる?お金が貯まる人の特徴12パターン【3/3】

 

【参考】

休日の過ごし方inドケチ板(ロケット速報)

【節約生活】ドケチ板住民の買い物ルール([2ch]お料理速報)

お金の貯まる人と、貯まらない人の違い。(lifehackch.弐式)

お金が貯まらない人の10の悪い習慣(新刊JPニュース)

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング