これだけは絶対にNG!ドン引きされるSNSの使い方10個【後編】

Menjoy / 2012年5月6日 21時0分

前編ではやってしまうとかなり痛い、SNS上でのNG行動をふたつお話し頂きました。

この後編では残り8つについて、引き続き小説家で心理カウンセラーのyanagiさんにご説明頂きましょう。

 

■3:好きなもの嫌いなものをプロフィール欄にスクロールしないと読み切れないほど書く

「正直、あまり長すぎるとドン引きします」

 

■4:合コン系のコミュニティに必要以上に多く参加している

「特にmixiですね。“合コン好きなんだ……”というイメージがマイナスだと思わないなら構いませんが」

 

■5:彼氏が変わる度に、アカウントを作り変える

「こちらもmixiでよく見られます。招待制でなくなってから増加した傾向です。

それまでの関係性など無視して一気にリセットして、“またマイミクお願いします”と申請されても、“今までの絡み”は消えてしまっている後なので、感覚として“微妙”だと相手に思われます」

 

■6:未成年が「飲み会」「二日酔い」「お酒飲んだ」「煙草がやめられない」などと書く

「当然のことなのですが、これが守れてない未成年がとても多い。特にTwitterに多く、“バカ発見器”や“バカッター”と一部で言われる所以です」

 

■7:弾幕のように連続ツイートやつぶやきを行う

「特にTwitter。タイムラインがその人のツイートで埋まってしまうほどになると、依存症のメンヘラに見えてしまいます」

 

■8:マイミク、フォロワーになったリアル友人知人からのメッセージを無視する

「ネット世界とリアル社会が交差していることを忘れてはいけません。単なる失礼な人になってしまいます」

 

■9:友人知人の漢字フルネームをツイートしたり、全体公開日記で書く

「実は、“個人の特定”は、本人ではなく友人の日記やツイートから、ということも少なくありません。これは個人でやっているブログでも同じです」

 

■10:やたらと友人知人の写真をツイートしたり日記やフォトブックに貼ったりする

「いつどこに転載されて悪用されるのかわからない時代です。“危機意識のない人だ”と思われてしまいます」

 

いかがでしたか? 思い当たる節はありませんか?

とはいえ、FacebookもTwitterもSNSも、使い分ければ便利で楽しいサービスです。痛い女にならないよう、注意していきましょう。

 

【yanagiさんの記事】

心理カウンセラーが語る「恋愛依存症」女のドン引き実態【前編】

心理カウンセラーが語る「恋愛依存症」女のドン引き実態【後編】

元バーテンダーが語る!バーで男にドン引きされるNG行動10個【前編】

元バーテンダーが語る!バーで男にドン引きされるNG行動10個【後編】

 

【参考】

※ yanagi・・・1978年生まれ。作家、フリーライター、心理カウンセラー、サプリメントアドバイザー。

メールカウンセリングサイト『ysカウンセリングルーム』、ライタースタジオ『スタジオY』主催。元バーテンダーでもあり、キャバクラ・スナック等のネオン街の裏事情にも明るい。現在、電子書籍サイト『ヨミーバ』にて、yanagi名義で『ネオン街三部作』等、キャバクラを舞台にした小説を多数発表している。

Related posts:

  1. これだけは絶対にNG!ドン引きされるSNSの使い方10個【前編】
  2. 人口の20%は「ネットで恋人を作っている」ことが明らかに
  3. 4月2日は破局急増!? Facebook社が恋愛事情を徹底解析!

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング