あなたはどれだけ知ってる?意外なカフェイン豆知識15個【3/3】

Menjoy / 2012年5月18日 20時0分

あなたのカフェイン博学度を試すカフェインクイズ15問も今回が最終回です。

前回の記事、および前々回の記事では、それぞれ5問ずつ出題しました。今回はラスト5問です。

Q11:カフェインで不安感が強まることがある?

Q12:飲酒時にカフェインを摂ると酔いが醒める?

Q13:カフェインの利尿作用で脱水症状が起こることがある?

Q14:カフェインには致死量がある?

Q15:カフェインでドーピング検査に引っかかることがある?

 

■Q11:カフェインで不安感が強まることがある?

正解は“○”。アメリカ国立精神衛生研究所によれば、カフェインは不安感や緊張を高めることがあるので、特に不安神経症などを患っている場合は避けるべきなのだそう。

ほっと一息つくためのコーヒーや紅茶で、かえって不安が高まることがあるというのはちょっと意外ですね。

 

■Q12:飲酒時にカフェインを摂ると酔いが醒める?

正解は“×”。残念ながら、酔っ払いにコーヒーを飲ませても、酔いが醒めるなんてことはありません。

 

■Q13:カフェインの利尿作用で脱水症状が起こることがある?

正解は“×”。たしかに、カフェインには利尿作用がありますが、カフェインの入ったドリンクは他の飲み物と同様、水分補給になりこそすれ、脱水症状を引き起こすわけではありません。

また、カフェインの利尿作用は、普段飲みなれていない人に起こりやすく、日常的にカフェインを摂取していると起こりにくくなるそうです。

 

■Q14:カフェインには致死量がある?

正解は“○”。カフェインの過剰摂取で死に至ることは稀ですが、痙攣や不整脈によって命に関わることはあります。

カフェインの過剰摂取量がどれくらいかは、その人の体型、年齢、性別によって異なりますが、大人の場合、10g以上が一般的な致死量です。

コーヒーには1杯あたり、およそ100mgのカフェインが含まれていますが、これで計算すると100杯以上で致死量ということになります。

大きめのカップもしくは濃い目のコーヒーを飲むとして、1杯115mgで計算すると、致死量は85杯以上です。

いっぺんにそれだけの量のコーヒーを飲むのはちょっと考えにくいですが、飲みすぎには注意したいものですね。

 

■Q15:カフェインでドーピング検査に引っかかることがある?

正解は“○”。カフェインには、激しい運動をする際に筋肉の持久力を高める効果があるからです。

全米体育協会は、尿中のカフェイン濃度は、尿1mlあたりカフェイン15mgまでとしています。一日にコーヒーを2~3杯飲む程度であればセーフですが、高濃度カフェイン・サプリメントを服用していると、ドーピング検査に引っかかるおそれがあります。

 

以上、3回にわたってカフェインクイズを15問出題しましたが、あなたの正解率はいかがでしたか? ティータイムには、ここで得た知識をちょっと思い出してみてくださいね!

 

【カフェイン知識15個】

※ あなたはどれだけ知ってる?意外なカフェイン豆知識15個【1/3】

※ あなたはどれだけ知ってる?意外なカフェイン豆知識15個【2/3】

あなたはどれだけ知ってる?意外なカフェイン豆知識15個【3/3】

 

【参考】

※ Caffeine Quiz: Is It Good for You? – Web MD

Related posts:

  1. あなたはどれだけ知ってる?意外なカフェイン豆知識15個【2/3】
  2. あなたはどれだけ知ってる?意外なカフェイン豆知識15個【1/3】
  3. 生理前のイライラ原因が解明されて治療可能になると判明

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング