実はアレにうるさい!? おしゃれな「神戸男子」の特徴7つ【後編】

Menjoy / 2012年5月24日 14時0分

前回の記事では、カリスマ仲人士・山田由美子さん(『お見合い塾』主宰)のお話をもとに、神戸男子の魅力7つのうち3つをお届けしました。それでは、残り4つの魅力を見ていきましょう!

 

■4:上品でスマートな男性が多い

“関西”といえば、“お笑い”というイメージが強いかもしれませんが、神戸男子はそれほど笑いをとることにガツガツしていません。(もちろん、面白い人もたくさんいますが)

どちらかといえば、ウケを狙うよりも、上品にスマートに振る舞おうとする傾向があります。これには神戸が教育熱心な風土であることが関係しているかもしれません。

小さい頃から、親がきちんとしたしつけをしているので、大らかでお坊ちゃん育ちっぽい神戸男子が多いのです。

 

■5:犬好きの優しい人が多い

神戸を訪れると、犬の散歩をしている姿をよく見かけるのに驚かされるかもしれません。神戸では犬を飼っている家庭がかなり多いのではないでしょうか。

実家では飼っていなくても、子どもの頃から友達の家、公園や通学路などで、犬と触れ合う機会がふんだんにあるので、神戸男子は犬好きになりやすいです。

あなたが犬党で、お目当ての彼が神戸男子なら「犬と猫、どっちが好き?」と尋ねてみてはいかがでしょう? そこから会話が広がるかもしれませんよ!

 

■6:外国人相手でも物おじしない

神戸は古くから国際交流が盛んな街。外国人の姿がよく見られます。ビジネスで訪れる人や観光客だけでなく、何代にもわたって居住して地域にすっかり溶け込んでいる人もかなりの数にのぼります。

このように、外国人と身近に接する環境で育った結果、神戸男子は外国人に対する心の垣根が低いです。語学の能力など関係なく、外国人に対して物おじしないので、海外旅行の際には非常に心強いのではないでしょうか。

 

■7:スイーツにはうるさい

神戸といえば、スイーツ天国でもあります。ユーハイムやモロゾフ、ケーニヒスクローネなど、神戸発で全国的にも有名な洋菓子メーカーは数え切れないほどありますよね。

子どもの頃から、ちょっとしたお祝い事の際には、こうした一流メーカーのスイーツをたしなむ機会も多いので、必然的に神戸男子の舌は肥えます。

最近は、男性でもスイーツ好きの人が多いですが、特に神戸男子ではその傾向が強いといえるでしょう。

 

以上、2回にわたって神戸男子の魅力を7つお届けしましたが、いかがでしたか? 素敵な神戸男子とお近づきになる際には、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【県民性シリーズ】

「うどん県」だけじゃない?47都道府県の面白い別名まとめ

ほのぼの草食系で「亭主関白」?大分男子の特徴3パターン

要潤も当てはまる?「なるほど」と思う香川の県民性分析

男がキュンキュン萌える「ツンデレ方言集」~東日本編~

 

【取材協力】

※ 山田由美子・・・カリスマ仲人士。『お見合い塾』主宰。2011年度の成婚カップルは240組にものぼる。ナインティナイン岡村隆史さんの婚活プロジェクトにもリーダーとして携わるなど、メディアの多方面で活躍中。著書に『本気で結婚したい人のお見合い活動マニュアル』(飛鳥新社)、『必勝婚活メソッド』(学習研究社)がある。

Related posts:

  1. 実はアレにうるさい!? おしゃれな「神戸男子」の特徴7つ【前編】
  2. 家事が苦手な男性にありがちなこと5パターン
  3. 巷で話題の「給食系男子」が嫌う女子の言動12パターン【1/3】

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング