現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【2/3】

Menjoy / 2012年7月2日 13時0分

前回の記事では、GK探偵事務所の礒部昌之さんのお話をもとに、探偵に向いている人の特徴12個のうち、4つをお届けしました。引き続き4つの特徴を見ていきましょう。

今回は、5:暑さ・寒さに強いこと、6:何もせずに長時間待ち続けられること、7:常に“空気”のような存在でいること、8:体臭がきつくないこと、の4つです。

 

■5:暑さ・寒さに強いこと

真夏の炎天下、あるいは真冬の氷点下において、ターゲットを尾行し続けたり、戸外で張り込みを行ったりするケースもあります。

暑さ、寒さに音を上げていては、とても探偵は務まりません。

 

■6:何もせずに長時間待ち続けられること

ターゲットが自宅や職場、ホテルなどに入ったきり、何時間も姿を現さないことがあります。いつ出てくるのか全く予測がつかない状況でも、じっと辛抱強く待ち続けなければなりません。

ときには24時間以上、ターゲットに動きがないなんてことも。その場合は、辛抱強さだけではなく、睡魔に襲われても負けない心も必要となります。

 

■7:常に“空気”のような存在でいること

よくも悪くも目立つ、存在感がある人というのは、探偵としては不向きかもしれません。どこにいても、周りの雰囲気に溶け込めることが探偵にとっては大切です。

また、尾行や張り込みには緊張感が伴いますが、だからといって、ピリピリとした異様なオーラを出しては、怪しまれてしまいます。

内面では緊張感を保ちつつも、表面上は何気ないように振る舞うスキルが必要だといえるでしょう。

 

■8:体臭がきつくないこと

上でも述べたように、探偵は周りの雰囲気に溶け込むことが大事です。そのため、体臭がきついというのも、探偵としてはマイナスポイントといえるでしょう。

また、車で長時間の張り込みを行う際、体臭がきつい調査員がいると、同乗者はたまったものではありません。一緒に業務につくメンバーのためにも、探偵は体臭がきつくないことが望ましいです。

食事が原因で生じる体臭もあるので、探偵はそういう面にも気を配る必要があります。いくら体力勝負だからといって、焼き肉のにおいをプンプンさせながら現場に向かうことはできません。

 

前回に引き続き、今回も探偵に必要なスキルを4つお届けしましたが、いかがでしたか? 次回は、残り4つのスキルを紹介します。

 

【探偵シリーズ】

現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【1/3】

現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【2/3】

現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【3/3】

 

【取材協力】

GK探偵事務所・・・GK探偵事務所は常にご依頼人様の立場に立って、適正な調査方法・適正な調査料金でクオリティーの高い調査を行っています。

警察では解決出来ない事案でも、GK探偵事務所は解決し、ご依頼人様の笑顔を取り戻します。 

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング