「コラーゲン=美肌」は間違い!肌にいい食べ物まとめ【後編】

Menjoy / 2012年7月24日 19時0分

きれいな肌、手に入れたいですよね。

前編では、女性の7割がきれいな肌をもつ肌魔女になりたいと思っていること、そのためにコラーゲンを摂取をしている女性が多いものの、コラーゲンが必ずしも肌魔女にさせてくれるわけではないことを紹介しました。

この後編では、肌魔女になるためにコラーゲン以外に有効な栄養成分について紹介します。

 

■肌に必要な栄養

きれいな肌を手に入れるために必要な栄養成分にはまず、ビタミン類があげられます。代表的なものといえば、ビタミンC。

これは、日焼けの原因でもあるメラニンの生産をおさえるだけではなく、黒くなった肌を白くする美白効果があるんです。

また、ビタミンCはコラーゲンの生合成にも関係しています。つまり、ビタミンCが欠乏すると体内のコラーゲンが不足するようになり、きれいな肌が遠のきます。

それだけではなく、場合によっては壊血病という病気をひきおこしたりもします。そのほか、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなども、肌や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンです。

緑黄色野菜に多く含まれるベータカロテンも大事な栄養素です。というのも、ベータカロテンは体内に吸収されるとビタミンAになるため、結果的に肌の健康維持に必要な栄養になるんです。

 

■きれいな肌のために食べておきたい

きれいな肌のために必要な栄養成分はわかりました。では、具体的に一体何を食べればいいのでしょうか。

たとえば、卵があります。卵は、ひよこへと成長するためのものですから、「タマゴでアンチエイジングが可能?美肌が叶う驚きのパワーとは」でも取り上げられているように、もともと豊富に栄養成分が含まれています。

 もちろんフルーツ、ニンジンやカボチャに代表されるような緑黄色野菜も効果的です。「果物不足な日本人が摂るべき“抗酸化力”高いフルーツ9つ」にあるようなフルーツもいいかもしれません。

 

きれいな肌を手に入れたいからといって、コラーゲンやビタミン類だけを摂取していればいいわけではなく、いろいろな食べ物を摂取することが大事なのはいうまでもありません。

ですが、意外とフルーツや緑黄色野菜は日常生活のなかで不足している食品です。きれいな肌のためだけではなく健康のためにも、日頃不足しがちな栄養成分を見直してみませんか。

 

【美容ネタ】

※ 男が本気でドン引きしている「痛い女のメイク」まとめ

※ 科学で実証済み!化粧に隠された「誘惑」以外の意外な効果

※ 梅雨時でもOK!誰もが振り返る「サラツヤ髪」になる方法5つ

 

【参考】

※ 梶原伸子(2003)『栄養機能食品と美肌』 日本ビタミン学会

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング