共感しすぎて辛い?胸が苦しくなる「痛い青春漫画」10個【後編】

Menjoy / 2012年7月21日 19時0分

“青春=ピュアでキラキラした時代”だなんて、一体、誰が言い出した? 本当の青春とは、もっと暗くてドロドロしたものかもしれません。

前回の記事では、アニメや漫画のレビューブログ『たまごまごごはん』の管理人たまごまごさんがピックアップしたちょっぴりダークで痛い青春漫画10本のうち、5作品をお届けしました。

それでは、残り5作品をたまごまごさんのコメントとともに見ていきましょう!

 

■6:『惡の華』(押見修造/講談社)

「ボードレールの詩集を読んで優越感をいだきながらも、体操服を盗んでしまって苛まれる少年春日、それを知りつつも受け入れる少女佐伯、春日を脅迫気味に追い回しながら、狭い街から逃げ出したいと暴れる少女仲村。

彼らの、どうにも行き場のない閉塞感あふれる青春模様を描いた作品です。途中から一気に“悪”の質が変わり、本当の変態になるため走りだす仲村と春日は、痛々しくも爽快」

主人公・春日は、かなり屈折して痛々しいのですが、実は思春期の少年なら誰しも春日のような一面を抱えているともいえます。あなたの身の回りの男性陣にも、かつてはこんな時代があったのかも!?

 

■7:『描かないマンガ家』(えりちん/白泉社)

「ペンネーム“器根田刃”を名乗る主人公は、実は漫画もネームも描いたことがないのに、マンガ家としてマンガ論を語るすごい面倒くさいキャラ。

彼の発言ひとつひとつが上から目線で、見ていてイライラすること間違いなしなのに、なぜか信念を持って語るもんだから、かっこ良く見えちゃう。

中二病をこじらせた痛々しさとかっこ良さが同居する不思議な漫画です」

とにかく口先だけご立派で、全く進歩しない主人公の日常が延々と描かれているのがすごい。彼が夢(妄想?)の実現に向けて、具体的な行動を起こすのは果たして何時のことやら……。

 

■8:『ヨイコノミライ!』(きづきあきら/ぺんぎん書房)

「ぐだぐだしてなかなか成果を出さない高校の漫研。保健室登校の青木杏がやってきて、口ばっかりでなにもしないこの部活をぶっつぶそうと計画する、いわゆるサークルクラッシャー側から見た作品。

何もしないで偉そうにしている若者に対する苛立ちが描かれています。実際自分がそこに当てはまるんじゃないかと、読むとヒヤヒヤしてしまうことも……」

ろくに活動していない漫研のぐだぐだな実態が妙にリアル。青木杏の性悪ぶりや、部員それぞれの心の闇が、かわいらしい絵柄で描かれているギャップも見どころです。

 

■9:『放浪息子』(志村貴子/エンターブレイン)

「女の子になりたいと願う少年と、男の子になりたいと願う少女の日々を描いた、幼い性の迷走の物語。

別に性同一性障害ではなく、女の子の格好がしたい、男の子の服装が着たいという願望が根源なのですが、自分らしさを出すことで辛い思いをする様子が生々しく描かれます。

その周囲の少年少女もまた傷ついていく様が描かれている群像劇です」

たまごまごさんのコメントにもあるように、性同一性障害のような深刻な問題を扱ったわけではありませんが、“自分らしさ”について思い悩む登場人物たちの姿がせつない……。“別の性になりたい”という願望はなくても、共感できる人が多いのでは?

 

■10:『自殺島』(森恒二/白泉社)

「自殺未遂をして、生きる義務を放棄した人々を集めて島に送り込む、というとんでもない設定の漫画。

一旦生きることを捨て、書類にもサインしているくらいですが、その島で自殺に失敗して死に損ねた人間の有様を見て、ここでは死ねない、死ねなければ生きるしか無いとサバイバルを繰り広げる様は非常に珍妙。

全編にわたってシチュエーションはリアルではないですが、描かれた“自殺願望”と“現実の死”は心に刺さります」

これまで紹介してきた9作品は、いずれも“現実でもありそう”、“現実をデフォルメした感じ”の青春漫画でしたが、この『自殺島』はかなりの異色ワールド。

ただ、死にそこなった若者たちが、極限状態において命に執着する姿は、真に迫るものがあります。

 

以上2回にわたって、ちょっぴりダークで痛い青春漫画10本をお届けしましたがいかがでしたか? どちらかといえば、斜に構えて世の中を眺めるのが好きなかたは、ぜひ気になった作品を手にとってみてくださいね!

 

【漫画シリーズ】

「あ~結婚したい!」って思っちゃう超素敵な夫婦愛の漫画10本【前編】

「あ~結婚したい!」って思っちゃう超素敵な夫婦愛の漫画10本【後編】

女が男心を理解するため「絶対に読むべき漫画」ベスト10【前編】

女が男心を理解するため「絶対に読むべき漫画」ベスト10【後編】

 

【取材協力】

※ たまごまご・・・アニメ・漫画のレビューブログ『たまごまごごはん』の管理人。時事ニュースやビジネス書、アニメ・漫画ネタまで、幅広く執筆しているフリーライター。

著書に『仕事のマナー 社会人1年生のお仕事サポート・ブック 「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ!」(総合科学出版)『ライトノベルでわかる確率』(総合科学出版)などがある。

※ 描かないマンガ家 全巻セット(1-3巻 最新刊)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング