初デートで使うと彼にドン引きされる「NGワード」9個【前編】

Menjoy / 2012年10月9日 18時0分

人間関係って怖いもので、何気なく言ってしまった一言で相手の自分への印象が180度変わってしまったり、「もう会いたくない!」なんて思われてしまうことがあります。

これで完璧!初デートで失敗しないためのテクニック15個」で、初デートでのNG行動を紹介しましたが、今回は、初デートで彼に「もうこの子には会いたくない!」なんて思われないように、彼にドン引きされる絶対NGワード9個を、英語圏女性情報サイト『SHAPE』に掲載された記事を元に、2回に分けてお届けします。

 

■1:お金の話

人間は収入や職業で人を判断しがちです。でも、人から仕事や収入だけで自分という人間を判断されたくないですよね? それは相手も同じです。初デートは、相手の性格や野心、信念など人間の本質で判断するべきです。

それから「お給料が少なくって……」と自分の収入を話題にするのもバツです。少ないと言えば「僕のお財布を当てにするつもりじゃ……」と心配されるし、稼ぎが多いと言えば彼にとっては脅威になってしまします。

 

■2:いきなり秘密を打ち明ける

お互い秘密を打ち明けることで、心が近くなったり絆が深まることがありますが、いきなり初デートで秘密を打ち明けられたり、重い告白をされても相手は困ってしまいます。それに、信用できるか分からない初対面の相手に、秘密を打ち明けてしまうあなたの人間性を疑われてしまう可能性もあります。

 

■3:支払いの時に「割引券使わない?」

初デートでは割り勘にするか、彼がご馳走してくれるか分かりませんが、どっちにしても彼の負担をなくそうと割引券を用意して、できる女を装っても逆効果です。あまりの倹約家だと思われたら「結婚したら財布のヒモを縛られそう」「お小遣いもらえないかも……」なんで思われてしまいます。

 

■4:まずはお友達から始めましょう

相手に全く魅力を感じなかったとか、生理的に受け付けないと思ったのでなければ、これはNGワードです。

恋愛を長続きさせるためにはスローテンポで進めた方が良いですが、最初からいきなり“友達カード”を切られたら、相手は「チャンスないかも……」と思ってしまいます。ペースはあなたが握りつつ、恋愛モードを出すのも忘れずに!

 

人間関係は最初の印象がずっと続くと言いますが、NGワードをできるだけ避けて、彼にずっと良い印象をもってもらいたいですよね。次回は残りの5個を見ていきます。

 

【初デート向けテク】

※ これで完璧!初デートで失敗しないためのテクニック15個【1/3】

※ これで完璧!初デートで失敗しないためのテクニック15個【2/3】

※ これで完璧!初デートで失敗しないためのテクニック15個【3/3】

[click]玄関の小物の収納に大活躍!となりのトトロ 鍵かけ『木陰のトトロ』

 

【参考】

9 Things You Should Never Say on a First Date – SHAPE

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング