思わず背筋がゾクッ…!戦慄の「メシマズ」メニュー9つ【2/3】

Menjoy / 2012年11月6日 22時0分

“メシがマズすぎる”という理由で離婚されても文句は言えない! そんなレベルの料理を提供してくれる“メシマズ嫁”。前回は、刺身シチュー、カレーinバナナチョコ&味噌煮込みカレー、ハーブ味噌汁の3つをご紹介しました。

引き続き、2ちゃんねるの『嫁のメシがまずい』まとめサイトを参考に、恐怖のメシマズメニューをお伝えしていきます。

 

■4:楽しみなはずの弁当も地獄! “プリン弁当”

お弁当に、生クリームで囲ったプリンが入っていたという男性。プリンの横に詰められたごはん粒には、生クリームとプリンのキャラメルがべったり……。結婚3年目の子どもなし30代夫婦だそうですが、料理全般については何度話し合っても改善しないとか。「そろそろ限界かもしれない」と訴えています。

お弁当にプリンを持たせたいのであれば、わざわざお弁当箱に移し替えないで、そのまま持たせてあげてください。旦那さんのためでもあり、自分のためでもあります。

 

■5:やっぱり魚は怖い“イワシハンバーグもどき”

ある日、メシマズ嫁が「ブランチにするけど、パンとイワシハンバーグしかないからハンバーガーにするね」と言ったそう。男性は「イワシハンバーグでハンバーガーかぁ……」と思ったそうですが、どうせ買ったハンバーグだから味はおかしくないだろうと了承したそうです。

ところが、そのイワシハンバーグはメシマズ嫁作……。しかも、イワシのすり身で作ったハンバーグではなく、ハンバーグの中に“明太イワシ”のぶつ切りがゴロゴロ入っていたという代物。ちなみに、メシマズ嫁は「おいしい」とご満悦だったとか。この味覚では、この先もおいしいご飯が出てくることはないかもしれませんね……。

 

■6:見た目は合格“練乳カルボナーラ”

その日、メシマズ嫁にしては珍しくまともな見栄えの料理が出てきたという一人の男性。「カルボナーラ」だといわれて出された料理の見た目はたしかに“カルボナーラ”だったとか。

しかし、「うまそう」と大喜びしながら口に運んだ瞬間に悶絶! なんと、パスタにあえてあったのは、練乳・卵・マヨネーズだったそうな……。なぜ練乳を使ったのでしょう。やはり、メシマズ嫁の感覚は相当ズレていると思われます。

カルボナーラに使うのは、“練乳”ではなく“生クリーム”ですよ。それからマヨネーズも使用しません!

 

いかがでしたか? 今回もかなりインパクトのあるメシマズメニューをご紹介しました。最終回では、病院送りレベルの最強メシマズメニューをお伝えします。

 

【「メシマズ」メニュー】

※ 思わず背筋がゾクッ…!戦慄の「メシマズ」メニュー9つ【1/3】

※ 思わず背筋がゾクッ…!戦慄の「メシマズ」メニュー9つ【2/3】

※ 思わず背筋がゾクッ…!戦慄の「メシマズ」メニュー9つ【3/3】

 

【参考】

嫁のメシがまずい – 2ch「嫁のメシがまずい」まとめ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング