シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【3/3】

Menjoy / 2012年11月8日 13時0分

運転上達法をお伝えしています。前回は“隣を走っている車のサイドミラーを確認する”、“前を走っている車のルームミラーを確認する”、“死角回避の仕方”、“狭い道では白線を信頼する”の4つをご紹介しました。

今回も、女性がすぐに実践できる運転上手になるコツが満載です。さっそく見ていきましょう。

 

■9:小さな交差点でも止まる

「住宅街など、対向車が少ない道路に入ると、ほっとするのか、小さな交差点で止まらない人もいると思います。幹線道路よりも、住宅街の道路のほうが、子どもの飛び出しなどがあって、危険だと思います。小さな交差点であっても、ちゃんと一時停止しましょう」

運転が達者そうに見える彼が、住宅街の小さな交差点で一時停止していないのであれば、それは運転が下手なのかもしれません。

 

■10:ハンドルを切ったら必ず、ハンドルを真直ぐな位置に戻す

「運転が下手な女性の特長として、たとえば車庫入れの時にハンドルのまっすぐな位置がわからなくなってパニックに陥るというケースがあるように思います。ハンドルは1つの点を軸にして円運動をしているので、切ったらそのぶんだけ元に戻すようにすれば、パニックにならないのではないでしょうか」

たしかにそのとおりですよね。永遠に右に行きたいとか左に行きたいというわけでもないでしょうから、ハンドルは切ったら、戻すようにしましょう。

 

■11:縦列駐車は延長線で確認を!

「縦列駐車のたびに、運転を代わって欲しいという女性がいます。たしかに慣れないと縦列駐車は10分がんばってもちゃんと駐車できないものです。

縦列駐車は、運転席から窓をあけて、目視をします。後ろに止まっている車の左のヘッドライトと自分の車の右のテールライトが一直線に結べるときに、ハンドルを戻すといいのです」

こういうことを、おそらく教習所で多くの人が教わったと思うのですが、やらないと忘れますよね。延長線、覚えておきましょう。

 

■12:ウインカーを出す前にまわりを確認する

「運転が下手な女性って、車線変更するときに、いきなりウインカーを出しますよね。そういう人は危険だから、こちらも入れてあげるのですが、自分の車が入れそうなスペースや、前後の車との距離感をミラーで確認してからウインカーを出しましょう。

ドアミラーに後ろの車がすっぽりとすべて映っているのを確認して、そののちにウインカーを出すのです。

混んでいる道路の場合、右に車線変更をしたいのであれば、右を走っている車と並走しながら、その後ろの車に対してウインカーを出すのです。気まぐれでウインカーを出さないでね」

都内など「ウインカーを出していれば、そのうち誰かが合流させてくれる」と思うかもしれませんが、急にウインカーを出されたら、後ろの車はすごく驚きます。ウインカーを出す前にまわりを確認しましょう。

 

いかがでしたか?

最終回では、車庫入れや縦列駐車などの小技をご紹介しました。言うは易し、行うは難しと感じるかもしれませんが、世の中、やってみたら意外と簡単だったということもあります。気軽に実践してみて、かっこいい女性ドライバーを目指してみては?

 

【女性ドライバーシリーズ】

シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【1/3】

シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【2/3】

シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【3/3】

 

【取材協力】

※ スーさん・・・自動車評論家。カー用品ショップオーナー。日本における車のチューニング(改造)文化やメーカーオプションブームをつくった第一人者。現在はハコスカ(初代の日産スカイライン)のチューニングパーツを手づくりして販売するなど、根っからの車好きである。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング