高嶋・美元夫妻から学ぶ「復縁を絶対不可能にさせる」NG行動5つ

Menjoy / 2012年11月23日 18時0分

高嶋政伸さんと美元さん夫妻の離婚裁判は泥沼化し、お茶の間を騒がせていますよね。

「復縁したいと考えている人は、自分の復縁行動に気をつけないと彼らの二の舞になりかねません」と語るのは『復縁の女神が教える もう一度あの彼を手に入れる方法』の著者で願望成就師のHirokoさんです。多くのカップルを復縁に導いてきたHirokoさん(写真)に、“復縁を絶対不可能にさせる5つのNG行動”について伺いました。

 

■1:しつこく接触してしまう

「頻繁にメールや電話をしたり、会おうと試みたりしていませんか? 美元さんも、高嶋さんの宿泊先に現れるなどしてストーカーまがいと言われても仕方のない行為をとったと言われていましたね。いくら相手の気持ちを取り戻したいからといっても、しつこい接触は相手からドン引きされる原因の一つです」

 

■2:自分を傷つけた相手に復讐行為をしてしまう

「美元さん側が提出した録音音声など、いくら離婚調停中とはいえ他人に自分のプライバシーを公表されて気持ちのいい人はいません。これでは復縁するどころか、相手に復讐行為をしているようなものです。このような、仕返しとも受け取られ兼ねない行動は、ますます二人の関係を修復不可能にさせます」

 

■3:失恋の傷を他の男で埋めている

「“失恋を忘れるために色々な男とデートをしている”とわかった時、男性は“別れてやはり正解だった”と感じます。美元さんも、別居後に他の男性とデートしている、というような報道をされていますね。この報道が真偽かはともかくとして、二人が不安定な時期には自分を安売りせずに、過去を反省し新たな目標を見つけましょう」

 

■4:相手の過去の非を否定しない

「暴力を振るわれた過去や、彼が情緒不安定であることを美元さんが公表したことは、高嶋さんの温厚なイメージを崩したばかりでなく、彼の俳優生命をおびやかす様な破壊行動でしかありません。たとえそれが事実であったとしても、復縁したい相手ならば過去を持ち出すのはタブーです」

 

■5:“イイ女”アピールがあからさま過ぎる

「成長した自分の事をアピールするのは賛成ですが、やり過ぎは禁物です。美元さんがTVで公表した“高嶋家特製カレー”は、高嶋さんをますます怒らせ、美元さんに対する嫌悪感を増幅させる結果になってしまいました。あくまでも、相手に対しては謙虚にさりげない行動から気付かせるようにしましょう」

Hirokoさんのお話から、復縁を成功させるためには、自分中心にならず相手のことを第一に考えて行動することが重要だということがわかりましたね。復活愛を狙うあなた、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

【男目線シリーズ】

女性が無意識にやっちゃう「男性の嫌いなしぐさ」10個【前編】

女性が無意識にやっちゃう「男性の嫌いなしぐさ」10個【後編】

みんな結構やりがち!目と口の「NGしぐさ&OKしぐさ」9つ【後編】

 

【取材協力】

※ Hiroko(ヒロコ)・・・チャネラー。願望成就師。恋愛カウンセラーとして、電話相談・占い(Hiroko’s fortunetelling)を行う。これまでの相談件数は、優に1万件を超える。独自の復縁法が詰まった著書『復縁の女神が教える もう一度あの彼を手に入れる方法』(WAVE出版)をこの秋発売。元カレ、元カノとやり直せると評判になっている。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング