デート中に使うと好感度がアップする「魔法の言葉」10個【2/3】

Menjoy / 2013年1月10日 19時0分

「今日は疲れてない? 大丈夫?」こんなさりげないひと言が、女性の株を大きく上げることがあります。

エステサロンで絶えず人に接している『コットン恵比寿』のエステティシャン・上野美知さんに、男性に積極的に声がけしたほうがいい言葉のパターンを3回にわたって教えていただいています。

前回に引き続き、今回も3つご紹介します。では見ていきましょう。

 

■5:「明日、朝はやいの?」

「お酒を飲むペースや量がカップルでまったく同じという人は少ないでしょう。あなたが彼よりもたくさんお酒を飲むのであれば、“明日、朝はやいの?”ひと言彼に聞きましょう。こういうのは、どちらかと言うと“聞いておけば、遅くまで心おきなく飲める”というものです」

先手必勝ということです。これくらいはカップルとして許される許容範囲でしょうね。

 

■6:「混んでいるけど大丈夫?」

「男性で人ごみが大好きという人は少ないようです。仕事でも人に気を遣って、休日のデートでも人に気を遣って……というのは、男性にとってみると苦痛なのでしょう。人あたりが激しい彼の場合はなおさら、人ごみに出かけたら“混んでいるけど大丈夫”という声がけは必須であると思います」

声がけもなく、人ごみに彼を連れまわすと、そのうち休日はゴロゴロするおっさんになってしまうかもしれません。いつまでも若々しいカップルでいるために、重要なポイントであると言えるでしょう。

 

■7:「タクシー代くらい出そうか?」

「割り勘デートではなく、彼が全部のお金を出しているデートの場合、“タクシー代くらい出そうか?”は、必須な声がけです。タクシーに乗らないで電車移動であれば、電車代やお茶代くらいは……という感じで、小銭を進んで出すふりをしましょう。

品のいい彼の場合、3回に1回くらいしか“なら出してよ”と言わないと思います」

完全にゴチデートであったとしても財布くらい持っていくというパフォーマンスは欲しいところです。

 

いかがでしたか?

男性には失礼かもしれませんが、「先に聞いておくと、それだけでOK」ということも、カップルのなかには多数存在しているということです。これを逆手にとって、空っぽの財布を持って、朝まで彼と飲むのも良し、毎回律儀にタクシー代を払うも良し。

最終回では、声がけを通して彼を“手なずける”方法をこっそり伝授しちゃいましょう。次項に続きます。

 

【魔法の言葉】

※ デート中に使うと好感度がアップする「魔法の言葉」10個【1/3】

※ デート中に使うと好感度がアップする「魔法の言葉」10個【2/3】

※ デート中に使うと好感度がアップする「魔法の言葉」10個【3/3】

 

【取材協力】

※ 上野美知(うえのみち)・・・サロン経営者講座専属講師・エステティシャン・日本初『脳内リフレ』開発者。施術者1万人超えの予約が取れないゴッドハンドセラピストとして、業界内外の注目を集める。現在『コットン恵比寿』(女性のお客さんもOK)の代表をつとめる。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング