いい女の必須条件!男が求める理想の肌を手に入れる方法6つ【後編】

Menjoy / 2013年1月29日 13時0分

体の中から潤って、うるうる肌のモテ女になる方法について、イタリアのフード・アドバイザー、クリスティーナ・ウルバー二先生に教えていただいています。

【前編】では6つの方法のうち3つをご紹介いたしましたが、いかがでしたか? 引き続き今回は残る3つのポイントをご紹介します。いずれも“食”に関した方法。男ウケする“うるうる肌”を手に入れたいあなたは、要チェックです!

 

■4:良質のオイルを摂取する

「うるうる肌を手に入れるには、オイルは必要不可欠です! オイルのない食事を続けていると、肌は次第にカサカサになっていきます。あまり知られていないのですが、女性ホルモンはコレステロールから作られているのです。ですから女性ホルモンが不足すると、お肌も当然カサカサ、潤いがなくなってしまいます。

ですから、良質のオイルを積極的に摂ることをおすすめします。太ることが心配、なんて声を聞きますが、オイルが上質なら、脂肪が付くことはありません。」

ウルバーニ先生のおすすめは、生の良質なオリーブオイルとのこと。

「オリーブオイルには、オレイン酸やビタミンEが豊富に入っていて、体の老廃物を排除する手助けもしてくれます。良質のオリーブオイルは、そのまま食べても風味があってとてもおいしいので、パンやカルパッチョ、サラダやピザなどに、直接かけるとよいでしょう。」

 

■5:おやつにナッツを摂取する

「ちょっと小腹がすいたなー、というときに最適のおやつはナッツ類! 空腹感を抑えてくれるのはもちろん、ナッツ類には、良質なビタミン・ミネラルがたっぷり含まれています。またナッツ類に多く含まれる脂質はオレイン酸で、体を内側からきれいに整えてくれるのに役立ちます。

ナッツを食べるとにきびになる、といううわさがあるのですが、あれはピーナッツなどをローストした油によるもの。ですから、おつまみ用など、塩と油でローストされているようなナッツはNGということになります。プレーンなナッツを選びましょう。」

 

■6:あたたかいものを食べるよう心がける

「現代人は、時間がないので、ゆっくり食べている時間なんてありません。食事が冷たくても、ゆっくりあたためる時間がない。そして食べる時間もあまりないので、急いで流し込む。これでは、体はびっくりし、内臓は冷やされ、ダメージを受けるばかりです。

内臓が冷えると、肌に潤いがなくなり、カサカサしてきますが、もっと恐ろしいことに、子宮なども冷やされ、それによって生理不順や慢性生理痛などを引きおこしてしまうのです。

これを避けるには、意識してあたたかいものを摂ること。あたたかい食事をとることはもちろん、スープ類やあたたかい飲み物(カモミールティーなど、カフェインレスのハーブティーがよいでしょう)を生活の中に入れることが、体調不全の改善にもつながります。」

 

いかがでしたか? まさか日常のこんなささいなことに、大きな秘密があるとは、とても興味深いですね。婦人病対策など、長い目でみてもやってみる価値は十分ありそうです。これで、あなたも内側からも外側からも潤う女になって、彼をびっくりさせましょう!

 

【スキンケア特集】

※ あまり知られていない「肌が本当に求めているもの」5つ

※ お肌情報は脳ではなく直接神経に伝わることが明らかに

※ 今すぐやろう!運命を分ける「秋の肌ケア」まとめ

※ これでメイク崩れを防げる!「毛穴引き締め」スキンケア

※ やり過ぎはNG?「揺らぎ肌」時のスキンケア鉄則3カ条

 

【取材協力】

※クリスティーナ・ウルバー二・・・イタリア・フィレンツェの大人気スポーツクラブ『ヴェルジン』の専属フードアドバイザー。個人の体調に合ったフードプログラムの作成、アドバイスを行っている。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング