SNSでドン引きされる顔写真&モテる写真の撮り方7つ【前編】

Menjoy / 2013年1月30日 12時0分

みなさんは、SNSを利用していますか? 家族や友人はもちろん、昔の同級生から職場仲間、パーティーで出会ったばかりの人まで、気軽に繋がれるオープンさが魅力ではありますが、その反面、知り合って間もない人に「あの人、こんな人だったんだ……」とドン引きされてしまうリスクもあるツールです。

「パーティーで出会った可愛い子のSNSを見て見たら萎えた」なんていう話も耳にする今日この頃、せっかく印象が良かったのに、SNSで台無し、なんてことにはしたくないですよね。

今回は、『gooランキング』の「知り合いのSNSブログで引いてしまうことランキング」を参考に、ウザがられてしまうSNSでの言動や写真について見ていくのと同時に、Webデザイナーでカメラマンとしても活動するクリエイターのwebthevoice(ウェブ・ザ・ボイス)さんに、“SNSを見て、男性が「この子可愛い!」と思う写真の撮り方”について、伺ってみました。

まずは「知り合いのSNSブログで引いてしまうことランキング」1~5位を見ていきましょう。5位は“普段とキャラが違う”、4位は“毎回ポエム調にブログを更新している”、3位は“自撮り写真が必ずアップされている”、2位は“ネガティブな話題ばかりだった”、1位は“プロフ写真が自分撮りのキメ顔をしている”、という結果になっています。

1位と3位は顔写真についてですが、確かにSNSに自分の写真を上げるのは、それなりに気を使う行為です。それでも、友達同士のコミュニケーションツールとしては、適度に写真を上げたほうが楽しめますし、それが男受けも良い写真だったら、一気に好感度もUPしそうです。

ではどういった写真なら、みんなに“痛い”と思われず、なおかつ男性に可愛いと思ってもらえるのでしょうか? webthevoiceさんに、ご意見を伺ってみましょう。

 

■1:カメラ目線はNG

「ポイントは、あえて目線を外すこと。目線を少しだけ横向きにしたり、ややうつむき加減で撮ることで、相手の興味を自分に向けさせる写真ができます。この場合、表情は微笑んでいることが大切です(ただの愛想のない人だと思われないように) 」

 

■2:硬い印象を与えないためには

「顔の位置を写真の中央から少しずらして自分の顔を写真を中央に収めると証明写真のような硬い印象を与えてしまいます。中央より少し右(目線は左)や少し左(目線は右)、少し下(目線は上)など動きのある写真を撮ることで遊びゴコロを演出をしましょう」

 

■3:自分撮りよりは撮ってもらうほうがベター

「自分で撮るのもいいですが、あえて友人にお願いして写真を撮ってもらうのもいいかもしれません。表現の幅も広がり、自分でも気づかなかった新しい表情を撮ってもらえることもあります」

 

いかがでしたか? 確かに、似た角度の写真でも、カメラ目線にしないだけで、ナルシスト度がグンと下がって、ナチュラルに見えますね。

多くの男性は、すっぴんやナチュラルコーデなど、自然で爽やかに見える女性が大好きです。そしてどうやら“ナチュラルは作れる”もののようです。後編では残りの、“さりげなく見える可愛い顔写真のつくり方”について伺ってみます。

 

【写真写りテク】

かわいさ3割増しになる!とっておきの写真写りテク10個【1/3】

かわいさ3割増しになる!とっておきの写真写りテク10個【2/3】

かわいさ3割増しになる!とっておきの写真写りテク10個【3/3】

 

【参考】

※ 知り合いのSNSブログで引いてしまうことランキング – goo ランキング

 

【取材協力】

webthevoice(ウェブ・ザ・ボイス)・・・名古屋デザイン専門学校卒業後、Webデザイン会社を経て、宮古島にて絵描きで生計を立てる。2002年より東京Webデザイン会社に入社。Webサイト制作に加え、グラフィックデザイン、イラスト、モデルのポートレイト写真、結婚式映像なども手掛る。2013年よりwebthevoiceとしてフリーランス活動を開始。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング