要チェック!「私たちは交際中」と思ってOKな瞬間5つ

Menjoy / 2013年2月5日 21時0分

バレンタインデーに、意中の彼を呼び出し「付き合ってください」と告白する。10代の頃の恋愛はいつもそうやって、告白から始まっていましたよね!

でも大人になると、お互いの“好き”と言う気持ちを感じとり、告白の言葉など、無いまま始まることも多いですよね。そういう場合、どの段階から“彼氏・彼女”になったと判断しているのでしょうか?

今回は、『gooランキング』の「告白がなくても付き合ってると思うことランキング」を参考に、一般的にコレをすれば“付き合っている”と思うポイントを見ていきましょう!

 

■5位:相手の家族に紹介された

二人きりで出かける間柄の彼に家族を紹介してもらったら、あなたにかなり心を許し、あなたとの関係をオフィシャルにしてもいいと思われているそうです。

ただ、“道でバッタリ会ったついでに”とか“仕事関係の頼まれごとをした”など、紹介せざる得ない理由がある場合は、勘違いの可能性もありますので、ご注意を。

 

■4位:「好き」と言われたことがある

相手も好きで、こちらも好きであれば、“もう付き合っている”と思ってしまいまうのも無理はありませんし、正式な彼女になるのは近いかもしれません。

でも浮かれる前に相手に他の交際相手や妻がいないかだけはしっかり確かめておいた方がいいでしょう。

 

■3位:二人で旅行に行った

彼が遊び人でなければ、交際相手だと思ってしまう行動ですよね。これも、旅立つ前に彼が2人で旅行に行くことを周囲に秘密にしていないか、しっかり確認しておきたいですね。

 

■2位:キスをされた

二人が日本人同士であれば、少なくとも“異性として好意を持っている”という可能性は高そうです。しかし、遊びであるか本気であるかは、相手の性的なモラル次第で変わってくるので、そこの見極めは必要です。

 

 ■1位:誕生日やクリスマスを一緒に過ごす

普段からデートをしていて、大切な日に一緒に過ごしてもらえるのは、かなり高ポイントです。ここまで来たら、もう“告白なし”に関わらず「私、彼女だよね?」と聞いてしまうのもアリだと思います! 

 

いかがでしたか? ご紹介したような状況で、相手が普通の真面目な男子であれば、もう付き合っている確率はかなり高そうです。もし相手が遊び人であったとしてもこれくらいの段階で、はっきりさせておいたほうがよいですね。

その上で、女性も今後の付き合いを判断すれば、ズルズルと不安な気持ちを引きずることはなさそうです。

 男女交際に対する考え方は、人それぞれなので正解があるわけではありませんが、少なくとも世間の人々の多くが“これをやったら、付き合っていると思われても仕方がない”と思っているようです。

自分が恋をしていて、“意中の彼と付き合っているのかどうか不安な時”はもちろんですが、逆に自分に好意を持ってくれている男友達に接する時も、“付き合っていると勘違いされるリスク”を避ける参考になるかもしれません。

友達以上恋人未満の人がいる時は、頭の片隅に入れておいてください。

曖昧な関係の男性に、こちらからどのようにアプローチするかについては、以前『Menjoy!』の記事でもご紹介した「ビミョーな“友達以上恋人未満の関係”から卒業する方法 」という記事があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【告白シリーズ】

※ 片思いさん必見!女性から告白しちゃいけない10の理由

※ 男は女の「あなたがすべて」との告白に弱いことが明らかに

※ 気になる相手からうまいこと告白させるテクニック4つ

※ 早い時間はNG!ついに「愛の告白」失敗する原因が判明

 

【参考】

※ 告白がなくても付き合ってると思うことランキング - gooランキング

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング