彼が一気にダサくなる!絶対にNGなバッグの持ち方6つ【前編】

Menjoy / 2013年3月12日 20時0分

普段『Menjoy!』読者の皆様は、彼氏やご主人とお出かけの際、ふと「特別ダサい服を着ているわけじゃないのに、なんでこんなに格好悪く見えるんだろう?」と、彼氏・ご主人のファッションに対し不満に思ったことはありませんか?

それ、もしかしたらバッグの持ち方が原因かもしれません。

そこで今回は、どんなにかっこいいバッグでも、どんなに高級なバッグでも、こんな持ち方をしたら一気にダサくみえる、安っぽく見える、老けて見える、そんな男性の“最悪なバッグの持ち方”について、パーソナルスタイリストの筆者がご紹介いたします。

心当たりがあったら、いますぐ直させましょう!

 

■1:クラッチバッグを脇持ち

その昔“セカンドバッグ”と呼ばれていたクラッチバッグ。これを脇で持つと、そのたたずまいはまさに“集金に来たおっさん”になってしまいます。

近年男女問わず人気のあるトレンドのバッグですから、集金おじさんになってしまうのは大損です。ダサく見せないクラッチバッグの持ち方はズバリ手持ち。中に沢山荷物を入れず、手でスマートに持つだけでかなり見違えますよ。

 

■2:トートバッグを肩掛け

今や若年層から年配世代にまで、男性の間でも人気のトートバッグ。ほとんどの男性が所持しているのではないでしょうか。しかしこのトートバッグ、肩掛けしてしまうとその姿は“塾帰りの学生”。

革でなくキャンバス素材やナイロン素材ならなおさらです。ダサく見せない持ち方は、手を横に下ろした状態で手持ち。肩掛けして型崩れしてしまったジャケットも、この持ち方をすることで型崩れが解消されますよ。

 

■3:トートバッグを肘持ち

先ほどのNG肩掛けに続き、トートバッグの肘持ち。重いとついつい肘で持ってしまいがちですが、肘持ちしたその姿は“買い物帰りの奥様”。

(2)でご紹介した手持ち以外のお勧めの持ち方は、肩越しに引っ掛ける持ち方。たったこれだけでさっきまでの残念な姿が、驚くほどいい男に見えますよ。

 

以上3つのNGなバッグの持ち方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか? 引き続き【後編】でダサい持ち方の残り4つをご紹介します。お楽しみに!

 

【ファッション特集】

※ 超簡単!着るだけで痩せて見えるファッション5つのテク

※ 痛い!自分に自信がない女性にありがちなファッション5つ

※ 着太りはもう嫌!ダウンコートでナイスバディに見せる方法

※ 超簡単!ビックリするほど美脚になれる着こなしテク5個

※ 目が釘付け!着るだけで巨乳に見えるファッション5つ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング